ニュース
» 2016年11月24日 15時25分 UPDATE

あの「Windows標準のソリティア」がスマホに登場 究極の時間泥棒来ちゃったよどうしよう

何もかもが捗らなくなる悪寒!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Windows 10標準搭載のゲーム「Microsoft Solitaire Collection」(ソリティア)の、Android版iOS版の配信がスタートしました。いや、されてしまいました。これはまずい、仕事そっちのけで遊んでしまいそう……。


クロンダイク 収録されたクロンダイク(古いWindowsで「ソリティア」と呼ばれていたもの)

フリーセルスパイダー フリーセルとスパイダー

ピラミッドトライピーク ピラミッドとトライピーク

 歴代Windowsに「ソリティア」の名で収録されてきた(一部のバージョンでは別途ダウンロード)「Klondike(クロンダイク)」をはじめに、「Freecell(フリーセル)」「Spider(スパイダー)」「Pyramid(ピラミッド)」「TriPeaks(トライピーク)」を収録。いずれも内容はトランプの1人遊び(英語で「ソリティア」)です。一般的なスマホゲームのようなスタミナ制はなく、自由に遊べるのがうれしいような困ったような……。


クロンダイク 場札と山札を組み合わせ、赤札と黒札を交互に降順で並べるクロンダイク。それだけのことなのに、つい夢中になってしまう

 単純ながら延々と遊んでしまう、謎の魔力のようなものを備え、「PC作業中のサボリ手段」の代名詞のように扱われてきたこのゲーム。クリア時のカードが滝のように流れる演出が見たいばかりに、画面撮影のためと称して遊んでみたのですが、カードが花火のように弾ける演出に変更されていました。アプリの紹介ページでは旧来の演出が紹介されているので、後日追加されるのかもしれません。


新演出 新たなクリア演出。まとめられたカードが浮遊し、花火のように爆発する

旧演出 アプリ紹介ページ掲載の旧演出。やはりソリティアといえばコレですよね?

メニュー メニューには「準備中」とされた「スタークラブ」や「テーマ」といった項目が。いずれはここでカードのデザインや演出などが変更できるようになる?

 日替わりのお題をクリアする「デイリーチャレンジ」のような、今風のシステムも搭載。Xbox Liveアカウントと連携し、ゲームの進行や実績の解除状況をクラウドに保存することもできます。


アワード 「アワード」画面。特定の条件を満たすと、実績として記録される

 12月31日までは、本来年額10ドルのプレミアム機能を1カ月間無料で利用できる、リリース記念キャンペーンを実施中。プレミアム会員は広告が非表示となるほか、デイリーチャレンジの報酬が2倍となります。

追記

 クリア時の演出は何種類かランダムで出るもよう。カードが滝のようになる演出も確認できました。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー