ニュース
» 2016年11月25日 17時54分 UPDATE

すごすぎる! ポケモン「サン・ムーン」をコイキング1匹で制覇する猛者現る

守りを固めて相手ポケモンのPP切れを待つ、気の遠くなるような戦法。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ポケモンシリーズ最新作「サン・ムーン」のチャンピオン戦にコイキング一匹で勝利し、殿堂入りを達成した猛者が現れました。この無謀とも思える挑戦者、なかのんさん(@Nakano_Official)に取材したところ、途方もない苦労が明らかに。その戦略とは?



達成目前
達成 殿堂入りの瞬間

 「一番弱いポケモンでクリアできるか試してみたかった」と挑戦に及んだなかのんさんは、まずコイキングを大量に釣るところからスタート。ポケモンは同じ種族の個体でも、微妙に基礎能力値が異なるため、釣った中から少しでも優秀なものを厳選するのが目的です。この釣りだけで20時間かけたとか……。



 大量に釣った結果、性格が「のんき」で防御が上がりやすい個体をチョイス。さらにHPと特防のパラメータが高くなるよう努力値(※)を獲得し、耐久力に優れるコイキングを育成しました。

※バトル勝利時に経験値とは別に得られる隠しパラメータ。HPや攻撃など6種類があり、倒した相手に応じて得られるものが異なる。ためておくと、ポケモンのレベルアップ時に努力値の種類に対応したパラメータが大きく上がる。なお、「努力値」はファンの間で呼ばれる非公式な通称

 覚えさせた技は、コイキングが修得できるなかで最も威力が見込める「じたばた」のみ。1つに絞った理由は、PP(技の使用時に消費するポイント)がなくなり、覚えた技をすべて使えなくなった状況のみ使える「わるあがき」を、すぐ発動できるようにするためです。


ステータス 丹精込めて育てられたコイキング

 「わるあがき」は使用すると反動により自身の最大HPの1/4が減ってしまいますが、そもそもろくなわざを覚えないコイキングにとっては貴重なダメージソース。またタイプの影響を受けないため、相手が相性の悪いゴースト系であろうと、確実にダメージを与えられるメリットもあります。なかのんさんはこれを駆使し、ほぼコイキング1匹だけでストーリーを進行。ゲームの大きな目標である、四天王戦およびチャンピオン戦までたどり着きます。



 強敵とのバトルでとった戦法は、「ディフェンダー」などの道具で守りを固め、ひたすら耐えるというもの。勝負が長引くうちにPPが切れた相手が自然と「わるあがき」を使い、反動で自滅するのが狙いです。こう書くと単純ですが、守りを固める前に攻撃を受けたらほぼ一撃でやられてしまうため、相手の序盤の攻撃が外れることが前提。また、相手のわざが急所に当たってしまった場合、道具で高めたパラメータは無視して計算され、コイキングは一撃でやられてしまいます。



 こうした悪条件から苦戦は続き、対戦相手1人につき最低100回はやり直したとなかのんさん。なにぶん戦法が戦法なので、スムーズに行ったとしても1戦あたり約1時間、リセットも含めると1人勝ち抜くのにだいたい4時間かかったそうです。

 結局、リーグ制覇までにかかった時間は、準備込みで約4日間。しかし苦労は報われ、ついに念願の殿堂入りは達成されました。ちなみに一番苦労したのはやはり「急所を突いてくる相手全般」だったそうです。


コイキング 苦楽をともにしたコイキングの「やしょく」さん

 2014年に「オメガルビー・アルファサファイア」でも、コイキング単独での殿堂入りに成功したなかのんさん。いずれまた新作が出たときに同様の挑戦をするのか、気が早いですが動向が注目されます(プレッシャーかけるようですみません)。


画像提供:なかのんさん(@Nakano_Official

(沓澤真二)


関連キーワード

達成 | ポケットモンスター | ゲーム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー