ニュース
» 2016年11月28日 18時45分 UPDATE

遅延情報まで完璧! 流ちょうな英語のアナウンスをする車掌さんがすごい

業務命令ではなく車掌さんが個人的にやっているそうです。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 JR東日本の上野東京ラインで流ちょうな英語のアナウンスをする車掌さんが発見されました。Twitterに動画が投稿されています


画像 車掌「Ladies and gentlemen」乗客「!」

 投稿主は木宮(@Berries_shop)さん。「列車の遅れ情報まで英語でペラペラ」と紹介しているように、日本語の車内アナウンスのあと、スムーズな英語が聞こえてきます。

 発言内容はこちら。

Ladies and gentlemen, we are now approaching to Tokyo and the doors on the right side will open. Please make sure not forget any belongings. This is the Ueno-Tokyo Line train for Atami. The stop after Tokyo will be Shimbashi. We are now delayed for approximately eight minutes because of fatal accident in Yokosuka Line. We apologize for inconvenience. Thank you.


 停車駅の案内、忘れ物注意の呼びかけに加えて、くわしい遅延の情報や原因まで簡潔に説明しています。

 外国人観光客が増えた近年、自動放送で英語が流れたり、各案内が複数言語で記されるようになりましたが、肉声で、しかもその場に応じた遅延情報まで英語でアナウンスをする車掌さんはかなりレア!

 この件についてJR東日本に問い合わせたところ、JRが業務としてやっているものではなく、この車掌さんが個人でやっているとの回答でした。この車掌さん、ハイスペックすぎ!

画像 すごいぞ、車掌さん!

 ちなみに、先日パワーアップしたGoogle翻訳(ディープラーニングによる新翻訳システムが導入された)で訳した結果は以下の通り。

皆さま、東京に近づいており、右側のドアが開きます。 所持品を忘れないようにしてください。 上野 - 東京線列車です。 東京の後の停止は新橋です。 横須賀線で致命的な事故が発生したため、現在は約8分遅れています。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 ありがとうございました。


 かなりの精度です。将来的にはリアルタイムで自動翻訳できるかもしれませんね。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー