ニュース
» 2016年11月28日 11時30分 UPDATE

画像ファイルからマルウェアに感染させる「ImageGate」攻撃発見 SNS経由で拡散

うっかりダウンロードした画像ファイルをクリックしたら……。

[ねとらぼ]

 悪質なコードが埋め込まれた画像ファイル経由でマルウェアに感染させる攻撃方法が発見されたと、セキュリティ企業「Check Point Software Technologies」が明らかにしている。

ImageGate攻撃 (画像はCheck Point Software Technologiesの動画より)

 「ImageGate」と命名されたこの攻撃は、Facebookなどのソーシャルメディアを利用して拡散している。手法は次の通り。SNSにアップデートされた悪質なコードが埋め込まれた画像ファイルを利用者がダウンロード。このファイルをクリックした瞬間にマルウェアが実行される。

ImageGate攻撃 悪質なコードが埋め込まれた画像ファイルをダウンロードしちゃうと……

ImageGate攻撃 あれ? あれれ?

ImageGate攻撃 感染したランサムウェアがファイルを暗号化

 同企業は9月上旬からSNSでこの攻撃を確認しており、「画像をクリックしてブラウザがファイルのダウンロードを開始した場合は、ファイルを開かない。SNSのWebサイト上で、ファイルをダウンロードせずに写真を表示する」「見慣れない拡張子の画像ファイル(SVG、JS、HTAなど)を開かない」よう注意を呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー