ニュース
» 2016年11月29日 12時35分 UPDATE

「真田丸」振り返り4コマ(11月27日放送分『反撃』)

我らの真田丸があああああああ……!

[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第47話の「反撃」から。

NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ

 我らの真田丸があああああああ……!

 徳川の古狐、本多正信を回避するために女性の使者を立てたら、負けず劣らず手ごわい阿茶局(あちゃのつぼね)が登場してしまったでござるの巻。こうして行われた女たちの和睦交渉にて、牢人を大坂城から退出させたい大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)は、阿茶局の口車に乗り大坂城の堀を埋める条件にOKを出してしまいます。真田丸も打ち壊しとなってしまいました。

 幸村は和平交渉を有利に運ぶため常高院を使者に指名し、きりを投入するなどさまざまな策を出しますが全てうまくいきませんでした。しかも牢人たちからの上層部への愚痴を聞かねばならず、茶々との関係までうわさされる始末。中間管理職はツラいよ。大坂城の守りの要であった堀が埋められ、幸村にとって初めての城であった真田丸も破却され、とうとう心が折れモードに。万策が尽きたかに思われましたが……。

望みを捨てぬ者だけに道が開ける

 この言葉が己を奮い立たせる原動力になりました。このせりふ、第一話で昌幸が言っていましたね。どんな逆境でも望みを捨てず生き残った真田家を象徴する言葉ではないでしょうか。昌幸のネバーギブアップのマインドは幸村にも引き継がれているのです。

 そして和平交渉の場で盛大な足つりアクションを披露してくれたきりちゃんもネバーギブアップマインドの持ち主。大坂城、九度山に随行し、常に幸村の側にいてサポートをしているきりにも、いつか道が開けるのでしょうか? NHK「あさイチ」に堺雅人さんがゲストで出演した際には、「49話の幸村ときりは泣ける」とおっしゃってましたが、果たして……?

 さて、今回取り上げる書籍は「対決‼ 片桐且元 家康 真説 大坂の陣」です。

対決‼ 片桐且元 家康 真説 大坂の陣

 47話冒頭で悲しみと後悔に震える姿を見せ視聴者を悲しみに包んだ且元(しかもナレ死)。大坂城を追われ、徳川家康に下ってもなお、豊臣を案じている姿に涙を禁じえませんでした。本書は且元に焦点を当て、豊臣方から大坂の陣を描いた作品。「真田丸」で認知度の高くなった且元ですが、それまではマイナーと呼ばれる武将でした。実は大坂の陣の引き金となった方広寺梵鐘事件にも深く関わっている且元の、人柄や苦悩が伝わる一冊です。

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新予定です。次回もどうぞお楽しみに!

新刊のお知らせ

 「真田丸」戦国軍事考証役・西股総生先生×「ふぅ〜ん、真田丸」みかめゆきよみで送る北条五代百年をつづった大河4コマ

北条太平記

北条太平記

 北条クラスタの皆さま、お待たせいたしました! 伊勢新九郎から始まる北条五代の百年を4コマ漫画にギュッと濃縮しました。12月16日発売 原作・監修=西股総生 漫画=みかめゆきよみ


みかめゆきよみ


シミルボン

関連キーワード

4コマ漫画 | NHK | 大河ドラマ | 書籍


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー