ニュース
» 2016年11月29日 17時35分 UPDATE

押井守監督がアニー賞生涯功労賞を受賞! 宮崎駿監督や高畑勲監督などに続き日本人6人目

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 アニメ界のアカデミー賞とも言われる第44回アニー賞にて、押井守監督がウィンザー・マッケイ賞(生涯功労賞)を受賞することが分かりました。ディズニーのアニメーターとして知られるデイル・ベアさんと、サンド・アニメーション作家などとして知られるキャロライン・リーフさんとの同時受賞となります。


 押井監督の受賞は日本人としては川本喜八郎、手塚治虫、宮崎駿、大友克洋に続いて6人目。同賞は「恐竜ガーディ」の監督などで知られ、アニメーション映画の創始者とも言われているウィンザー・マッケイの名前にちなんだもの。アニメーション関係の賞としては最も栄誉ある賞の1つとされています。

押井守監督がアニー賞生涯功労賞を受賞! アニメではありませんが、押井監督最新作「ガルム・ウォーズ」は12月14日にDVD/BD発売(画像は公式Webサイトより

※宮崎駿監督の「崎」は正しくは異体字。機種依存文字のため代用しています

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー