ニュース
» 2016年11月30日 18時10分 UPDATE

なんでそれを一緒にした! どこでも仕事とラーメンに集中できる謎ボックス「ラマドワーカー」誕生

日清さんとコクヨさん何やってるんですか!

[神奈川はな,ねとらぼ]

 好きな場所に自分だけの空間を作れる持ち運び式のボックス「RAMAD WORKER(ラマドワーカー)」が11月30日に数量限定で発売されました。“仕事をすること”と“ラーメンを食べること”に最適な半個室空間を作り出すための段ボール箱です。なんですかそれは……。

ラマドワーカー RAMAD WORKER(ラマドワーカー)

 ラマドワーカーの「マド」は、遊牧民のように好きな場所で働く「ノマドワーキング」から、「ラ」は「ラーメン」から来ています。何でここで唐突にラーメンが出てくるんだよ! と思ったら、そもそも作ったのが日清食品さんでした。

ラマドワーカー ラマドワーカー使用例。違和感がすごいです

 ワークモードでは心地よい暗がりが集中力を高めます。快適に仕事をするため書類用クリップやペン立て、ドリンクホルダーなどの機能も充実。底面はブラックボードなので浮かんだアイデアを即座に書き留めることができます。デザインと設計は文房具のプロ「コクヨ」の監修によるものです。

ラマドワーカー ワークモード コード類の配線も可能です

 ペンを箸に替え、ドリンクホルダーに水をセットすればラーメンモードに早変わり。誰からも見られず、ラーメンだけに集中できる空間が生まれるとのこと。いやいや、かえって目立つと思いますよ?

ラマドワーカー ラーメンモード ラーメンには欠かせないティッシュホルダーも完備

 ラマドワーカーは折りたたみ可能で、組み立て時のサイズはW606×D600×H707ミリ。価格は1セット4980円(税別)で、日清食品グループオンラインストアから購入できます。


ラマドワーカー 折りたたみ時
ラマドワーカー 組み立て時

関連キーワード

ラーメン | 日清食品 | 仕事 | 折りたたみ | コクヨ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう