ニュース
» 2016年11月30日 18時42分 UPDATE

千葉県松戸市がコミケに初参戦! ノベルゲーム「秋葉原まで13時間」を展示するだとぉ!?

同人作家さんにはありがたい確定申告向け税務相談コーナーも。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 千葉県松戸市が、東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット91」(12月29〜31日)に出展することが発表されました。スマホ向けゲーム「秋葉原まで13時間 〜姫はゲームを作りたいっ!〜」などが登場します。


画像 「秋葉原まで13時間 〜姫はゲームを作りたいっ!〜」公式サイトより

 自治体による「コミックマーケット」への出展はこれまで岡山県倉敷市などが行っていますが、千葉県内では今回の松戸市が初。展示される「秋葉原まで13時間 〜姫はゲームを作りたいっ!〜」は、ある国のオタクな姫「ルイーゼ」が同市の高校に転校して同人作家に出会い、ゲーム制作にチャレンジするというストーリーのノベルゲームです。

 気になるのは「秋葉原まで13時間」というタイトル。松戸市は千葉県西部に位置しており、東京都には近いはずなのですが……。同作は1月末からAndroid/iOS端末向けに無料配信される予定なので、プレイしたら理由が分かるかもしれません。

 そのほかにも同作のビジュアルを使ったグッズの無料配布、献血応援イベントへのポスターの提供などが実施。ブースには同人作家などを対象とした税務相談コーナーが併設され、確定申告の相談を受け付けます。


画像

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう