ニュース
» 2016年11月30日 21時16分 UPDATE

村上春樹、2017年2月に新作の長編小説 「1Q84」から約7年ぶりの複数冊刊行

待ってました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 新潮社は11月30日、村上春樹さんによる新作の長編小説を2017年2月に刊行すると発表しました


村上春樹 新刊 長編 新潮 書き下ろし

 書き下ろしの原稿枚数2000枚、全2冊という大作で、長編小説としては同社出版の「1Q84」(2009〜2010年)から数えて、およそ7年ぶりの刊行。文藝春秋から出版された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(2013年)からは約4年ぶりとなります。

 まだ内容についてはもちろん、タイトルや発売日も未定。新潮社のサイトでは、今後の情報を希望する人にはメールマガジンへの登録を促しています。



 Twitterなどではすでに「たのしみ」「待ってたよ!」「意外と早かった」など新作を楽しみにする声も上がっています。






(宮原れい)

関連キーワード

村上春樹 | 書き下ろし | 小説・詩 | 新潮社 | 出版


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー