ニュース
» 2016年12月01日 09時00分 UPDATE

絵本のような世界を冒険しながらプログラミングの基礎を勉強 低年齢向け学習玩具「キュベット」国内販売スタート

デジタルっぽさがなく、かわいらしいデザインです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 Kickstarterで約160万ドルの資金調達を成功させたプログラミング学習玩具「キュベット(Cubetto)」の国内向け販売がスタートしました。


画像 IT教育向けのおもちゃですが、あたたかみのあるデザイン

 木製の「コントロールパネル」に前進、方向転換を命令するブロックを配置し「ゴー」ボタンを押すと、無線接続したロボットが走行。3歳〜小学生低学年までが対象年齢のため、遊び方はシンプルです。しかし、任意の命令を組み合わせて使用する「ファンクション」機能に対応したブロックがあり、この使いどころで頭を悩ませそう。

 ストーリーや移動指示などを記載した「ストーリーブック」、それに対応した「ワールドマップ」を使ってプレイできるので、ゲームブックや絵本の世界を冒険しているような感覚で楽しめそうです。


画像 下部の「メイン・シーケンス」にブロックを配置してロボットを操作。上部の「ファンクションライン」に入れたブロックの命令は、水色のブロックでまとめて使用できます

画像画像 各種「ストーリーブック」は公式サイトで読めます

 注文は公式サイトで受け付けており、「ストーリーブック」「ワールドマップ」を1種ずつ同梱する「キュベット プレイセット」の価格は2万9600円(税抜)。


マッハ・キショ松


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう