ニュース
» 2016年12月01日 13時18分 UPDATE

舞台「サガ」のストーリーは「ロマンシング サガ3」に メインキャストのビジュアルも解禁

チケットの先行販売も実施中。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 2017年に初舞台化されるスクウェア・エニックスのRPG「サガ(Saga)」。続報が発表され、タイトルは「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」に、登場人物や舞台設定は、1995年発売のゲーム「ロマンシング サガ3」を元にしたものとなることが明かされました。合わせてキャストのビジュアルも公開されています。

「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」のストーリー

黒き星が太陽を蝕む―死食―。

その年に生まれた命は、

人も獣も魔物でさえも死に絶える。

三度目の死食に襲われてから十余年。

すでに世界は魔界の王侯―四魔貴族―の侵入を許し、

動乱の時を迎えていた。

そして今、

救世の使命を負う者たちがロアーヌの地に結集する。

ひとりは領主としての責務を果たすため、

ひとりは愛する妹を守るため…。

だが彼らの前に立ち塞がるは最強の魔貴族、

天空の支配者ビューネイであった。



「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」ロゴ 「サガ」初舞台化のタイトルは「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」に

 1989年の「魔界塔士サ・ガ」から始まった「サガ」シリーズ。現在シリーズは14作を超えており、中でも「ロマンシング サ・ガ」シリーズは約300万本を越える大ヒットゲームとなっています。舞台では「サガ」シリーズの生みの親である河津秋敏さんが世界観監修と原案を担当。演劇ユニット「30-DELUX」とタッグを組みます。

 ゲーム同様、主人公は8人。ハリードを清水順二さん、カタリナ・ラウランを緒月遠麻さん、ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌを中村誠治郎さん、トーマス・ベントを馬場良馬さん、ユリアン・ノールを村瀬文宣さん、エレン・カーソンを長谷川かすみさん、モニカ・アウスバッハを山本ひかるさん、サラ・カーソンを新垣里沙さんが演じます。また、ハリードの恋人・ファティーマ姫を笠松はるさん、騎士・シャールを佐藤アツヒロさんが演じることも発表されました。

ハリード ハリード
カタリナ・ラウラン カタリナ・ラウラン

ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ
トーマス・ベント トーマス・ベント

ユリアン・ノール ユリアン・ノール
エレン・カーソン エレン・カーソン

モニカ・アウスバッハ モニカ・アウスバッハ
サラ・カーソン サラ・カーソン

 公演場所や日時も発表されており、東京公演は「サンシャイン劇場」で4月15〜23日、大阪公演は「サンケイホールブリーゼ」で4月28〜30日、愛知公演は「愛知県芸術劇場 大ホール」で5月3日・4日、福岡公演は「久留米シティプラザ ザ・グランドホール」で5月6日・7日を予定。

 チケットは12月19日まで、スクウェア・エニックスe-STOREで特別先行販売を実施中。価格はS席が8800円(特典付き1万800円)、A席が7800円です(いずれも税込)。特典は上演台本付きのゲームオリジナルイラストレーションパンフレットで、会場でも販売予定です。チケットの一般販売は2017年1月28日開始。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION : TOMOMI KOBAYASHI Produced By ”Romancing SaGaTHE STAGE” Production Committee

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう