ニュース
» 2016年12月02日 10時57分 UPDATE

「フォースは私とともに」 宇宙最強ドニー・イェン、ついにハリウッド殿堂入りでチャイニーズシアターに手形を刻む 

「スター・ウォーズ」シリーズからは7人目。

[城川まちね,ねとらぼ]

 アクション俳優で監督のドニー・イェンが11月30日(現地時間)、ハリウッドのTCLチャイニーズシアターに手形を刻印しました。これで一流スターの仲間入り。

ハリウッド殿堂入りを果たしたドニー・イェン ぺたー!

 12月16日に世界同時公開となる「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」では、盲目の棒術使いチアルート・イムウェ役で熟達したアクションを披露しているイェン。同シリーズからは、ジョージ・ルーカス監督、俳優のハリソン・フォードとサミュエル・L・ジャクソン、作中のキャラクターからR2-D2とC-3PO、さらにダース・ベイダーの6人が手形を刻んでおり、イェンは7人目となります。

ハリウッド殿堂入りを果たしたドニー・イェン ストイックな役柄が似合う

 同作プロデューサーのキャスリーン・ケネディもお祝いに駆けつけ、「映画界において最も偉大な香港俳優でありアクション監督」と称賛。盲目で棒術を使うチアルート・イムウェ役はイェン以外には考えられず、彼が同シリーズへ加わったことは「光栄」と述べています。

ドニー・イェンのハリウッド殿堂入りを祝うキャスリーン・ケネディ お祝いに駆け付けたキャスリーン・ケネディ

 セレモニーでは家族やファンに感謝を述べ、「フォースは私とともに、フォースはみなさんとともに」と喜びを表したイェン。実力派でありながらアクションスターとしては遅咲きだった彼は、自身が敬愛するブルース・リーの師を描いた「イップ・マン」シリーズでアジアのトップスターとしての地位を確立。今回、ハリウッド殿堂入りを成し遂げたことで世界的スターとしての証を得て、いつからか「宇宙最強」というキャッチフレーズも付いて回るようになりましたが、常に周囲への感謝を忘れない謙虚な人柄が垣間見えるところも彼の魅力の1つといえます。

ハリウッド殿堂入りを果たしたドニー・イェンの手形 じーん

(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう