ニュース
» 2016年12月02日 19時30分 UPDATE

航空機のような有人機で宇宙旅行へ H.I.SとANA、宇宙輸送事業化に向けた開発会社との提携を発表

もうすぐ国内旅行、海外旅行、宇宙旅行の3択になるかも……!?

[宮原れい,ねとらぼ]

 H.I.S.とANAホールディングス、そして宇宙機開発を行っているPDエアロスペースの3社は12月1日、宇宙旅行をはじめとする宇宙輸送の事業化に向け資本提携したことを発表しました。

 3社は民間主導での有人宇宙機開発を行うことに合意。今後はANAホールディングスが宇宙機のオペレーションをサポート、H.I.S.が宇宙旅行・宇宙輸送サービスの販売を担うとしています。目標は2023年12月に「商用運行開始」ということで、海外旅行気分で気軽に宇宙に行けるようになる未来が7年後には実現しているかもしれません。


PDエアロスペース H.I.S. ANA 開発 提携 宇宙旅行 開発中の有人宇宙機のイメージ

 PDエアロスペースは現在、スペースシャトルのようにコストのかかる使い捨ての燃料タンクを使用しない、航空機のように帰還・着陸ができる宇宙機を開発中。世界初だというジェットエンジンとロケットエンジンを切り替え可能な次世代エンジン技術を使い、低コストで利便性の高い宇宙輸送を目指します。

 開発スケジュールは、2017年より新型エンジンの検証を実施。2018年10月には無人で100キロメートル到達し、その2年後に有人による100キロメートル到達を予定しています。


PDエアロスペース H.I.S. ANA 開発 提携 宇宙旅行 空気の薄さによって燃焼モードを切り替え

PDエアロスペース H.I.S. ANA 開発 提携 宇宙旅行 順調にいけば7年後くらいには宇宙旅行が実現するかも……?

 また将来的には宇宙ホテルへの輸送や、ロケットの空中発射により衛星を投入して宇宙太陽光発電などの展開も目標としてあり、同社は「有人宇宙機の開発を通じて、宇宙という未知で広大な領域が多くの人にとって、より身近な存在になるよう事業展開してまいります」としています。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう