ニュース
» 2016年12月06日 08時00分 UPDATE

富士急ハイランドのジェットコースターをVRで再現した「ほぼドドンパ」爆誕 営業休止中の初代「ドドンパ」を疑似体験

「乗ってみたかったけど(様々な理由で)乗れなかった方」にもおすすめ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 コースのリニューアルにより乗れなくなってしまった富士急ハイランドのジェットコースター「ドドンパ」。そのスピード感やコースなどを、VRの世界で体験できるアトラクション「ほぼドドンパ」が同テーマパークに12月9日から登場します。

 料金は7〜12歳までが300円で、13歳以上は500円。フリーパスを利用することも可能です。


ほぼドドンパ 「ドドンパ」がVRアトラクションとして復活!

 「ドドンパ」といえば富士急ハイランドの有名アトラクションのひとつですが、10月2日からコースレイアウトを改変するために営業を休止中。最終日にはラストランイベントが開催され、ファンがしばしの別れを惜しんでいました。リニューアル作業は2017年7月に完了する予定ですが、同テーマパークによると「もう二度と初代ドドンパに乗れないの?」「休止前に乗りたかった」といった声があがっていたのだそう。愛されてるなあ。

 そこで用意されたアトラクションが、「Galaxy GearVR」とヘッドホンで楽しむVRアトラクション「ほぼドドンパ」。「ドドンパ」を再現しており、1.8秒で時速172キロに達する圧倒的な加速力や、52メートルの垂直上昇・落下を行うコースなどが体験できます。停車している「ドドンパ」に乗った状態で映像を見ることができるので、疑似体験とはいえ臨場感がありそう!


ドドンパ ありし日の「ドドンパ」

 富士急ハイランドによれば、「乗ってみたかったけど(様々な理由で)乗れなかった方」にもおすすめとのこと。興味はあったけど、絶叫系はそこまで得意じゃないから……と敬遠していた人でもチャレンジしやすそうです。なお、7〜12歳は「Galaxy GearVR」が利用できないため、別の機材が使用されます。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう