ニュース
» 2016年12月06日 15時05分 UPDATE

「君の名は。」が興行収入200億円を突破! ついに神木隆之介(23)が神木隆之介(11)を超える

あと100億円先に神木隆之介(8)が立ちはだかっているわけですが……。

[あいひょん,ねとらぼ]

 新海誠監督によるアニメ映画「君の名は。」の、日本国内での興行収入が200億円を越えたことが明らかになりました。

君の名は。 「君の名は。」

 8月26日から12月5日までの102日間での動員数は1539万1716人、興行収入は200億618万8400円となりました。興行収入196億円の「ハウルの動く城(2004年)」を超えた記録で、これはつまり23歳の神木隆之介さん(立花瀧)が11歳の神木隆之介さん(マルクル)を乗り越えたことになります。しかしまだ先には、308億円を記録した「千と千尋の神隠し(2001年)」に出演した8歳の神木隆之介さん(坊)が立ちはだかっているわけで……。

 2017年1月13日からはIMAX上映も予定しているとのことで、もしかするとあと100億円ほど稼げてしまうのかもしれません。なお今回の200億円突破に際し、新海監督からコメントが発表されています。

観ていただいた方すべてにお礼申し上げます。映画には、時に社会とつながる力があるのだということを教えられました。「どのような物語を、今、なぜ作るのか」ということを、これからも観客の皆さんと共に考えていきたいと思います(新海誠監督)


君の名は。新海誠 インタビュー 6日には海外でインタビューを受けている際の写真を投稿した新海監督。世界中を飛び回っているようです

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!