ニュース
» 2016年12月06日 15時20分 UPDATE

mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」

自分の日記が閲覧注意すぎる。

[たろちん,ねとらぼ]

 現在mixiとASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)が行っているコラボ企画「mixi日記を『リライト』しよう!」(関連記事)。特設サイトでは自分やマイミク(友人)の過去のmixi日記を表示して振り返ることができるようになっているのですが、これに気付いたユーザーたちが「黒歴史を掘り返される!」と絶叫して大騒ぎとなっています。

mixi黒歴史日記 アジカンとのコラボキャンペーン

mixi黒歴史日記 パンドラの箱を開けさせようとするmixiさん

 アジカンの同名曲にかけて過去の日記を「リライト」してみようというキャンペーン。mixiにログインして特設サイトにログインすると、過去の日記がランダムに表示され自分や友人の黒歴史を思わぬ形で掘り起こしてくるという仕様になっています。サイトに「閲覧注意」「もっとやばい日記があるかも…?!」などと書かれているあたり、mixiさん確信犯ですね、これは……。

mixi黒歴史日記 黒歴史をランダムで掘り返してくれます

mixi黒歴史日記 自分の黒歴史が友人に見られている可能性も……?

 しばらくmixiを離れていたユーザーからは、「昔の日記のダメージでかすぎて死んだ」「消してええええええ!」などと致命傷を受けてしまう人が続出。また、騒ぎを聞いて対処しようとしたものの「パスワード忘れてログインできない!」などと慌てているユーザーも多いようです。

 なお、パニックのあまり日記やアカウントを削除しようとするユーザーもいるようですが、特設サイトで表示される日記はあくまで設定された公開範囲内に限られるため、日記の公開範囲を「非公開」にすることなどでも対応可能です。筆者もこれを機に過去の日記を読んでしばらく起き上がれなくなりましたが、黒歴史もまたひとつの思い出であることは確かなので、みなさんも読み返してみると意外と楽しめるかもしれませんよ……?(道連れを作りたい発言)

mixi黒歴史日記 日記の公開範囲を変えれば黒歴史をそっと隠せます

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう