ニュース
» 2016年12月06日 19時56分 UPDATE

ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業

2017年を予定していたが延期に。ムーミン屋敷や灯台、アトラクションなどで、物語を追体験できる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 童話「ムーミン」のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が、埼玉県の宮沢湖周辺で2019年春にグランドオープンすることが発表されました。北欧をイメージした森と湖の施設「メッツァ」の主要エリアとして、物語を再現した場が作られます。


エントランス エントランスのイメージ

 ムーミン一家が暮らす屋敷や、灯台や水浴び小屋など、作中に登場する施設を再現。物語を追体験できるアトラクションも計画されています。オリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども用意。


屋敷 ムーミン屋敷

灯台 灯台

水浴び小屋 水浴び小屋

舞台
船 舞台や船のアトラクションも

 同施設は当初2017年オープンと発表されていましたが(関連記事)、あらためてメッツァ全体の構想が明らかになりました。もう1つの主要エリアである「メッツァビレッジ」は、先行して2018年秋に開業予定。入場無料の自然豊かな公園でありつつ、地元野菜や工芸品などを販売するマーケットや、宿泊施設が設けられる予定です。


全体図 メッツァの全体図

宿泊施設
マーケット メッツァビレッジの宿泊施設とマーケットのイメージ

 運営元のフィンテックグローバルは、開業において駿河台大学と連携協力することも発表。また、地元の飯能市はふるさと納税制度を活用した「ムーミン基金」寄付者への返礼品に、ムーミンバレーパークのロゴが入った限定グッズを追加するとのことです。


返礼品 ムーミンバレーパークのロゴと、返礼品のグッズ群

(C)Moomin Characters TM

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう