ニュース
» 2016年12月08日 13時10分 UPDATE

岩井俊二「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が劇場アニメ化! 新房昭之×シャフト×広瀬すずで2017年8月公開

菅田将暉さんや宮野真守さんも出演。「君の名は。」に続くか。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 映画「スワロウテイル」「リリイ・シュシュのすべて」などで知られる映像作家・岩井俊二さんの「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が新房昭之監督による劇場アニメとして2017年8月18日に全国東宝系でロードショーされることが明かされました。約四半世紀をへて劇場アニメとして帰ってくる!

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

 1993年にフジテレビのオムニバスドラマ「if もしも」の中の1作として、岩井俊二監督・脚本でテレビドラマ化され、1995年には劇場公開された同作。夏休みの花火大会を前に、クラスのアイドル的存在のなずなから駆け落ちに誘われる男子中学生が時間が巻き戻る不思議な体験に巻き込まれていくという、青春恋愛劇とタイムリープを組み合わせたストーリーに岩井さんの美的な世界観が交わり、傑作と称される作品となりました。

 監督には「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之さん、脚本は「バクマン。」の大根仁さんというアニメ界の実力派を迎え、制作は「〈物語〉シリーズ」のシャフトが担当。声優には主人公・なずな役に広瀬すずさん、なずなに思いを寄せる典道役には声優初挑戦となる菅田将暉さん、典道の恋敵となるクラスメート・祐介役は声優の宮野真守さんが出演します。

「打ち上げ花火」キャスト 左から広瀬すずさん、菅田将暉さん、宮野真守さん

 今回、劇場アニメ化に当たり、原作の岩井さんとなずな役の広瀬さんは次のようにコメントしています。

《岩井俊二さんのコメント》
自分の過去作品を下敷きに、新たなアニメーション作品を創り上げるという、これは僕にとってかつてない体験です。原作者という立場からこうして欲しいという注文のようなことはありません。自分の好きな作家さん、表現者さんたちに委ねました。自由で独創的な作品が誕生することを期待しています。

《広瀬すずさんのコメント》
お話を頂いたときは、凄く嬉しかったです。脚本を読ませて頂いて、独特の世界観で、ぞくっとしました。なずなは、言葉にはなっていないけれど、秘められた想いを抱えていて、凄く繊細な印象を受けました。あんまり掴み所がないんだけど大人っぼさもあり、子供っぽさもあり、目の前にいるのに触れられないような…手の届かない凄く不思議な印象です。


(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

五月アメボシ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう