ニュース
» 2016年12月08日 13時54分 UPDATE

……えっ終わり!? 「チャンピオン」の打ち切り漫画が「ソードマスターヤマト」級のレジェンド最終回

輝け!! 少年たちよ!!!

[コンタケ,ねとらぼ]

 「週刊少年チャンピオン」で連載されていた漫画「放課後ウィザード倶楽部」が、12月8日発売の2017年2号で最終回を迎えました。原作は「こころ オブ・ザ・デッド〜スーパー漱石大戦〜」の架神恭介さん、作画は渡辺義彦さん。


週刊少年チャンピオン 放課後ウィザード倶楽部 打ち切り 最終回 「週刊少年チャンピオン」2017年2号表紙

 残念ながら打ち切りという形になってしまいましたが、その最終回の内容が「打ち切られたら何やってもええんかい!」とハリセンでたたきたくなる超絶投げやり展開となっています。架神先生ぃ……。

 同作は、現実世界で眠ると入り込んでしまう別世界「バベル」を男子高生3人組「那由多(ナユタ)」「ニトリ」「サンチョ」の3人が冒険する物語。「バベル」では魔法やマジックアイテムが存在し、死んでも現実世界に戻るだけという、まるでゲームのなかのような世界が広がっています。

 連載初期は友情・探索・バトル! といった、王道の少年漫画な雰囲気でした。伏線も多く張られ、バベルの世界の探索を進める裏で何か大きな危機が迫っている予兆や、謎の組織の存在など、気になる要素がふんだんに盛り込まれ“やる気”が感じられます。

 しかし、残念ながら人気が伸び悩み、どうやら打ち切りが決まったと思われる時点から展開が加速。物語をたたみに掛かり、張られていた伏線を数話で一気に回収すると、12月1日掲載の最終話の1つ前の話で「世界が危機なので全人類をバベルに移住させる」という超展開に。

 そして迎えた最終話。全世界の73億人をまともにインフラも整っていない世界に移住させるなんてどうするのかと思いますが、「めちゃくちゃ頑張った結果」と3コマで済まされていました。人間の頑張りってすげーな。そもそも一部の人間が眠ったときにだけ入れるバベルの世界にどうやって全移住したのかとか、そのへんの詳しい話はオールカットです。カットカット、全部カーット! 打ち切りの特権!

 移住が済むと、いよいよ人類を滅亡に追いやろうとしている元凶である「神」(クトゥルフ的なやつ)との最終決戦を迎えます。主人公たち3人が「神」に唯一対抗できる古代人の遺物「エル」を起動させる! これまで謎の包まれてきた「エル」の全貌がついに明らかに!


週刊少年チャンピオン 放課後ウィザード倶楽部 打ち切り 最終回 ゴゴゴゴゴゴじゃねえよ(画像は「週刊少年チャンピオン」2017年2号428ページより)

 そこには、某巨人漫画に出てきそうな、パンツ一丁のムッキムキな大男が仁王立ちしていました。何作ってんだ古代人。

 対峙する「神」と「エル」。那由多がエルの自我を破壊し(エルは放っておくと人類に攻撃する)、ニトリが魔法を詠唱。そしてサンチョが「実は僕はプロレスマニアなんだー!」という謎の理論のもとエルを操作し、「神」にプロレス技をぶち込みます。最終決戦がプロレスて。

 サンチョのナイスファイトにより、南太平洋にたたきつけられる「神」。全人類が(モニター越しに)見守り、応援し、実況するなか、最後の勝負に出る3人。パワーを溜め、神を打ち破る最後の1撃が発せられる!

ニトリ「那由多……サンチョ……勝負に出るぞ!」
那由多「やるぞニトリ!」
サンチョ「共に叫ぼう!」
ニトリ「ウオオオオ 見さらせ! これが俺たちの……」


週刊少年チャンピオン 放課後ウィザード倶楽部 打ち切り 最終回 最終破ーーーーー!!(画像は「週刊少年チャンピオン」2017年2号436ページより)

 最終破ーーーーー!! とどっからどう見てもかめはめ波をぶっ放し、横には「輝け!! 少年たちよ!!!」のコメント。「放課後ウィザード倶楽部」完結。お……終わった……。

 変わった最終回を迎えた作品にはさまざまな「○○エンド」の名が授けられますが。今ここに「かめはめ波エンド」という新しい終わり方が誕生したようです。しかも複数人で撃っているため、親子かめはめ波。親子かめはめ波エンド。2度と使う機会のなさそうな言葉が生まれてしまった。

 終盤の詰め込みっぷりが完全に「※ソードマスターヤマト」状態になっており、ああ、打ち切られてしまったんだな……と切なくなります。でも、大丈夫。きっとあの3人なら「神」を倒せるはずです。那由多たちの勇気が世界を救うと信じて……!


週刊少年チャンピオン 放課後ウィザード倶楽部 打ち切り 最終回 「週刊少年チャンピオン」編集部からいただいた最終話・最後のコマの原稿。輝け!! 少年たちよ!!!

ソードマスターヤマト:「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」に出てくる劇中劇。打ち切り漫画で、最終話の3ページのみで大量の伏線を回収していく展開が人気。「奴は四天王の中でも最弱」や「そんなことはなかったぜ!」などのせりふが有名。

関連キーワード

漫画 | 最終回 | ギャグマンガ日和


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう