ニュース
» 2016年12月08日 17時29分 UPDATE

日本気象協会が選ぶ「2016年お天気10大ニュース・ランキング」決定 1位は「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」

気象予報士100人・一般500人が選ぶ「今年の天気を表す漢字」も。

[ねとらぼ]

 日本気象協会は「2016年お天気10大ニュース・ランキング」を発表。第1位には「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」が選ばれました。


お天気

 このランキングは2016年11月上旬までの情報で選定。日本気象協会に所属する気象予報士100人にアンケートを実施し、投票結果をポイント化してランク付けしたもの。2016年に最も印象に残ったお天気ニュースは「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」が他と大きく差をつけて1位になりました。4月に発生した熊本県を震源とする最大震度7の地震から、6月に発生した西日本を中心とする大雨、10月に発生した阿蘇山の爆発的噴火など、甚大な被害をもたらした災害が相次いだことで、強く印象に残ったと考えられます。

 その他のランキングは以下の通りです。

  • 1位:地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害
  • 2位:北海道に台風上陸3個 被害相次ぐ
  • 3位:Uターン台風 豪雨被害・東北太平洋側に上陸は史上初
  • 4位:大寒波! 西日本で記録的大雪 奄美大島で115年ぶりの雪
  • 5位:台風第1号 過去2番目に遅い発生
  • 6位:秋の長雨と記録的日照不足 野菜高騰も
  • 7位:最長エルニーニョ 暖冬や春の高温多雨に影響
  • 8位:関東は水不足の夏 各地で取水制限も
  • 9位:世界の月平均気温 12カ月連続で過去最高を更新
  • 10位:正月三が日 記録的暖かさ
  • 特別編:北海道・関東甲信で記録的に早い雪

 また気象予報士100人と一般500人に調査した「2016年 今年の天気を表す漢字」も発表。気象予報士は、「台風の発生が遅かったにも関わらず上陸数が多く、発生数も例年並となり、台風に振り回されたから」などの理由から“”が1位に選ばれ、一般では「長雨続きで人的被害だけでなく、野菜や果物などにも影響が出ているから」という理由から“”が選ばれました。なお、一般で“雨”が選ばれるのは3年連続となるそうです。

ビジュアルで振り返る2016年お天気10大ニュース


お天気 地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害

お天気 北海道に台風上陸3個 被害相次ぐ

お天気 Uターン台風 豪雨被害・東北太平洋側に上陸は史上初

お天気 大寒波! 西日本で記録的大雪 奄美大島で115年ぶりの雪

お天気 台風第1号 過去2番目に遅い発生

お天気 秋の長雨と記録的日照不足 野菜高騰も

お天気 最長エルニーニョ 暖冬や春の高温多雨に影響

お天気 関東は水不足の夏 各地で取水制限も

お天気 世界の月平均気温 12カ月連続で過去最高を更新

お天気 正月三が日 記録的暖かさ

tenki.jpラボ」調べ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう