ニュース
» 2016年12月09日 11時58分 UPDATE

ねとめし:表面パリパリのアップルケーキがフライパンだけで超簡単に! Twitterで話題のデザートを作ってみた

余ったリンゴでジャムも作ってみました!

[おかもと,ねとらぼ]

 寒くなり、リンゴがおいしい時期になりました。今回はTwitterで11万“いいね”を獲得した表面パリパリの簡単アップルケーキをご紹介します。


リンゴケーキ パリパリの表面がたまらない「簡単アップルケーキ」

 数年前にネットで見たというレシピをベースに、フライパンだけで簡単に作れるアップルケーキの作り方を投稿したのは、ぼっち(@bocchi0329)さん。バターに砂糖にリンゴという「おいしいこと間違いなし」の組み合わせなので、早速実際に作ってみました。


リンゴケーキ 用意するのはこれだけ

 用意するのは、リンゴ、バター、ホットケーキミックス、牛乳。秋から始まるリンゴのシーズンですが、本格的な冬に入ると蜜入りリンゴが出始めます。ツルが太くてリンゴ自体に重みのあるものは蜜が入っている可能性が高いそうなので、リンゴを選ぶ際はチェックしてみるといいかもしれません。


リンゴケーキ フライパンにバターと砂糖を入れる。焦げやすいので注意

 さて、まずはリンゴを半分に切ってから薄くスライスします。続いてフライパンにバターと砂糖を大さじ3ずつ入れ、弱火で火にかけます。


リンゴケーキ リンゴを敷き詰める

 バターにうっすらと色が付いてきたら、フライパンにリンゴを並べていきます。切ったリンゴを扇のようなイメージで広げていくと上手に並べられます。このときヤケドをしないように気を付けてくださいね。


リンゴケーキ ホットケーキミックスをスタンバイ

 リンゴに焼き目をつけている間にホットケーキミックスを用意します。作り方はパッケージの裏側に書いてある通りですが、ポイントは生地を作り置きしないこと。ホットケーキやパンケーキの生地は、作ってからなるべく時間を置かずに焼いた方がふっくらと仕上がります。


リンゴケーキ フライパンにホットケーキミックスを流し入れる

 生地ができたら、静かにフライパンに流し入れます。なるべくフライパンのヘリに生地がつかないように流し入れると仕上がりがきれいになります。


リンゴケーキ フライパンにふた

 生地を入れたらふたをして弱火にかけましょう。そしてしばらくしたら一度蓋を開けて焼き加減を見ます。ヘラなどで生地のヘリを触り、フライパンにくっついていなければOK。いったんお皿などに移して裏面も焼いていきます。


リンゴケーキ 完成!

 竹串などを生地に刺し、中まで火が通っていることを確認したら、お皿に盛りつけて完成です! フライパンだけで、簡単アップルケーキが焼きあがりました。


リンゴケーキ 表面パリパリで超おいしい!

リンゴケーキ ついつい食べ過ぎそうなおいしさ

 切り分けてみると、「パリッ」とした食感とリンゴ、そしてホットケーキがすごく良いコラボレーションです。口に入れたときのふわっとバターが香る感じは、フランスのお菓子「タルト・タタン」のようでクセになりそうなおいしさです!


リンゴケーキ 余ったリンゴを角切りに

 また、今回は少しリンゴが余ったので、もう一品作ってみます。まずはリンゴを1センチ角に切っていきます。


リンゴケーキ 砂糖とリンゴを鍋へ

 続いて鍋にリンゴと砂糖を入れたら、砂糖が焦げ付かないように注意しながら火にかけていきます。今回は風味づけに赤ワインも少し入れてみました。リンゴから水分が出てしんなりしてきたら、火を止めて少し休ませるだけ。 


リンゴケーキ 簡単リンゴジャムの完成

 あっという間に簡単リンゴジャムの完成です。お好みでレモン汁を加えるとさっぱりした仕上がりになるほか、アップルケーキに添えて味に変化をつけても楽しいですね。


リンゴケーキ リンゴジャムを添えてもおいしい

 お掃除に片づけにと何かと忙しい時期ですが、簡単に作ることができるアップルケーキでひと休みしてみませんか。

(おかもと)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー