ニュース
» 2016年12月09日 18時12分 UPDATE

内容不問の「第9回 日本タイトルだけ大賞」 大賞は接戦で「パープル式部」、残念賞は「前科おじさん」が完全勝利

どっちも中身が気になる。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ほぼ2016年に出版された本の中から、内容不問でタイトルだけを評価する「第9回 日本タイトルだけ大賞」(関連記事)。その選考会が12月8日、ニコニコ生放送で行なわれ、「パープル式部」が大賞に輝きました。ナイスタイトル!


画像 「日本タイトルだけ大賞」が今年も開催! 画像は公式サイトより

 「日本タイトルだけ大賞」は実在する本のタイトルだけを見て、優秀作品を決定するコンテスト。選考会に参加した「でんぱ組.inc」所属のタレント・夢眠ねむさんら4人もあえて中身を読んでおらず、時にはジャンルすら分からないという不思議な状況のなか「ファイティング寿限無」「おしっこおしっこ」「消極性デザイン宣言 消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。」など本選にノミネートされた54作品が紹介されました。いったい、どういう内容なんだろうと思わずページをめくりたくなる力作ぞろいです。

 視聴者投票などを勝ち抜き、大賞に選ばれたのは「パープル式部」(集英社/著・フォビドゥン澁川さん)。ベスト3に入った「コップとコッペパンとペン」「10分後にうんこが出ます」もインパクト抜群で内容が気になりますが、同作と接戦の末、惜敗しています。


画像 ベスト9


画像 ベスト3の中から接戦をものにした「パープル式部」が大賞に

 ちなみに、「実は大賞よりも権威があると言われている」という残念賞では「前科おじさん」が圧勝。こっちはこっちで気になるな……。


画像 完全勝利した「前科おじさん」

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう