ニュース
» 2016年12月10日 14時32分 UPDATE

爆発問題のGalaxy Note7、アップデートで強制的に文鎮化 携帯端末として利用不可に

リコールされていない端末への対応。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 サムスンがアメリカで、爆発問題が起きたスマートフォン「Galaxy Note7」について、携帯端末としての機能を無効化させるソフトウェアアップデートを実行することを発表しました。

サムスンの発表

 サムスンはこれまで、Galaxy Note7のバッテリーが発火・爆発する問題についてリコールを実施し、返金や交換の対応をしていました。発表によるとアメリカ国内で93%以上をリコールできたとしています。


Galaxy Note7 Galaxy Note7

 今回のソフトウェアアップデートでは、リコールされていないNote7を対象に充電や携帯端末として使用することが不可能になります。現地時間12月19日に開始され、30日以内に配布されるとしています。


Galaxy Note7 アップデートで文鎮化

 一方でアメリカで加入数第1位のキャリアverizonはNote7ユーザーが切り替える機種がない可能性を考慮し、このアップデートへの参加を拒否しています。「緊急時に、家族や当局への連絡ができないようにしたくない」とも記しています。


設計上の問題が指摘されていた 設計上の問題が指摘されていた(Instrumentalより)

 爆発の原因についてはエンジニアリング会社「Instrumental」は設計上の問題だと指摘していました。日本でNote7は発売されていませんでしたが、利用している場合はカスタマーサポートまで連絡するように勧めています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー