ニュース
» 2016年12月10日 23時15分 UPDATE

ざわ… ざわ… 「このマンガがすごい! 2017」はオトコ編1位「中間管理職トネガワ」、オンナ編1位「金の国 水の国」

「圧倒的勝利……!」のトネガワにざわつくネット。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 宝島社「このマンガがすごい! 2017」の結果が発表され、オトコ編1位に「中間管理録トネガワ」、オンナ編1位に「金の国 水の国」が選ばれました。

「中間管理録トネガワ」 「中間管理録トネガワ」

 「中間管理録トネガワ」は、福本伸行さん協力の下、萩原天晴さん(原作)、三好智樹さん、橋本智広さん(マンガ)により、「月刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のギャグマンガ。福本さんの「賭博黙示録カイジ」に登場する敵役、大手金融会社「帝愛グループ」の最高幹部・利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品で、「カイジ」では憎き敵だった利根川が、大勢の部下と、暴君・兵藤和尊会長との間で苦悩し葛藤する“中間管理職”としてギャグタッチで描かれ、発売即重版などでも話題になりました。

「金の国 水の国」 「金の国 水の国」

 「金の国 水の国」は、岩本ナオさんが「月刊flowers」(小学館)で連載していたファンタジー作品。出版社サイトで“おとぎ嫁婿ものがたり”と紹介されるように、おとぎ話のような世界観の中で、偶然出会った敵国同士のお姫様と青年のロマンスを描いた作品です。岩本さんは「町でうわさの天狗の子」で小学館漫画賞を受賞した実力派なだけに、同作も熱烈なファンを生んでいます。

 今回のこの発表に対しTwitterでは、「トネガワすげえw」「トネガワなのか……」「スピンオフなのにこの破壊力」とスピンオフ作品である「中間管理録トネガワ」が1位を獲ったことへの驚きの声が多数見られました。

 また、「金の国 水の国」に対しては、「『金の国 水の国』大傑作です」「金の国、水の国よかった。映画化してほしいくらい」「凄く面白いです。泣ける。登場人物が本当に素敵でした」と、作品のすばらしさを絶賛する声が。いろいろな意味で対照的な、オトコ編1位とオンナ編1位だったといえそうです。

 宝島社からは同賞の結果などを収録した書籍「このマンガがすごい!2017」が発売中。「中間管理録トネガワ」の誕生秘話、福本さんからのお祝いコメント、岩本さんへのインタビューと描きおろしイラストなどを収録。さらに、各界著名人や人気マンガ家が注目しているマンガを紹介する企画なども掲載されています。価格は520円(税別)。

「このマンガがすごい!2017」

(五月アメボシ)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう