ニュース
» 2016年12月13日 09時00分 UPDATE

“偽マリオ”迷惑アプリ1年間で6000件以上確認 ゲームと称し不正広告を侵入させる

海賊版「スーパーマリオ」として動作しつつ、裏で不正広告などを動かす悪質な例も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 セキュリティベンダーのトレンドマイクロが任天堂の「スーパーマリオ」シリーズに便乗した迷惑アプリを1年で6000件以上発見し、その手口を公開しています。初の公式ゲームアプリ「スーパーマリオ ラン」(関連記事)が12月15日にiOSでリリース予定ですが、迷惑アプリは既にAndroidアプリ市場でまん延しているとのこと。


偽マリオ 偽アプリの例。名前こそ「Super Mario」だが、さまざまな端末情報へのアクセス権限を求める

インストール インストールすると、無関係な不要アプリも導入させられてしまう

 同社の調査によると、「Mario」を冠したアプリは2012年〜2016年11月の間だけで9000件。うち約6000件が不正および迷惑アプリと判定されました。これらはインドネシアを筆頭に東南・南アジアで多く検出されており、日本での事例も確認されています。


統計 確認された偽アプリの国別割合

 これら不正・迷惑アプリをインストールしてもゲームは起動せず、アップデートと偽りユーザーの端末へ広告表示などを行う不要なアプリを侵入させるそうです。普通に遊べる「スーパーマリオ」(ただし海賊版)を装いつつ、裏で迷惑な動作をする悪質な例も確認されています。


海賊版 一応ゲームの体をなしている偽アプリ。もちろん非正規のコピー品だが

裏で悪さ アダルト関連の広告をポップアップさせたり、ホーム画面に置いたりといった悪さを裏でするという

偽警告 偽の警告文で不正サイトへ誘導する例も

 迷惑アプリによって表示される広告には、アダルトサイトや偽のセキュリティ警告を出す不正サイトへ誘導するものも。いずれも最終的な目的は別のアプリをインストールさせることで、そのなかには機器管理者権限を要求する不正アプリもあるそうです。


不正アプリ 不正広告にだまされ、指示通りにアクセスすると、端末の管理者権限を要求するような、危険なアプリをインストールするよう促されることも

 こうした迷惑アプリ群は、ほとんどが海外のサードパーティマーケット(Google Play以外のアプリマーケット)で頒布されています。対策として、トレンドマイクロは正規のGoogle Playもしくは運営者が明確なマーケットの利用を推奨。また、Androidのセキュリティ設定で「提供元不明のアプリのインストールを許可する」を無効にするべきとアドバイスしています。

 似たような事例は、「ポケモンGO」の配信開始時期にも確認されています(関連記事)。編集部がトレンドマイクロに話をうかがったところ、「(便乗した迷惑アプリの件数は)『ポケモンGO』でも3桁程度。世界的な人気キャラクターに便乗しようという事例の多さが読み取れます」とのコメント。皮肉なことですが、便乗する迷惑アプリの多さが、マリオへの期待と人気を裏付けているともいえます。


※当初「『Mario』を冠したアプリは2016年1〜11月の間だけで9000件」と書いていましたが、トレンドマイクロによると正しくは「2012年〜2016年11月」だったとのことです。これに伴い文中の表記を訂正いたしました

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう