ニュース
» 2016年12月13日 21時43分 UPDATE

難病を告白した民進党・原口議員へ安倍総理からメッセージ 党を超えた激励に「本当にありがたい」

原口議員は感激し、首相からのメッセージを病室に貼っています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 12月10日、Twitterで骨の遺伝性難病であることを告白した民進党の原口一博議員。そこへあの安倍晋三総理から、党を超えた激励メッセージが送られました。






安倍首相から原口議員へメッセージ 原口議員のFacebookに寄せられた、安倍総理のコメント(※2人のやりとりを見やすくするため、一部を省略しています)

 「政治家として難病の告白は難しい決断ですが、頑張る原口さんの姿に難病に苦しむ多くの人たちもきっと勇気づけられる事と思います。ご快復をお祈りします」(安倍総理)

 党を超えた勇気と心意気のあるメッセージに原口議員は驚き、、「総理、御自ら、とても感激しました。本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。日本国と日本国民のために益々のご活躍をお祈りいたします。たくさんの祝福がありますように」と返信しています。 



 実は安倍首相自身も、2007年に潰瘍性大腸炎によって首相を一度辞めざるを得なかった経験があり、同じく病と闘う原口議員を放っておくことはできなかったのかもしれません。

 現在、入院し闘病中の原口議員。実はこれまでも症状に苦しめられ、時には声も出づらく座るだけで大きな痛みが走ったそう。2年前には死の淵にまで立たされ、骨の移植やリハビリを経てカムバックしていたとか。しかも先日難病と正式に診断されるまで、長らく原因不明であり、大きな闇を抱えながらの政治生活を送っていたそうです。

 メッセージを受け取った原口議員は、感激のあまり、その安倍首相の投稿を病室に貼って、快復を誓っています。



 この他にも、同じく自民党所属である小池百合子東京都知事らからも励ましのメッセージが送られ、病魔の克服をめざす原口議員の、大きな力になっています。



※当初安倍総理の病気について機能性胃腸症としていましたが、潰瘍性大腸炎の誤りでした。お詫びして訂正いたします

関連キーワード

安倍晋三 | Facebook | 原口一博 | 入院 | 自由民主党


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう