ニュース
» 2016年12月15日 12時00分 UPDATE

映画「3月のライオン」予告編第1弾が公開 神木隆之介演じる主人公が発する魂の叫びに心震える

「将棋しかねーんだよ! 強くなるしか……」

[あいひょん,ねとらぼ]

 神木隆之介さん主演の実写映画「3月のライオン」の予告編第1弾が、YouTubeで公開されました。先日発表されたキャスト(関連記事)が総出演する、豪華な映像です。


3月のライオン 予告編第1弾 以下、画像はYouTubeから

 今回の予告編は、交通事故で両親と妹を失った幼少期の主人公・桐山零が、葬式場で父の友人のプロ棋士・幸田(豊川悦司さん)に「君は将棋、好きか」と問われ、「はい」と答える“物語の始まり”からスタート。17歳で天才プロ棋士と呼ばれるようになった零(神木隆之介さん)ですが、家族がいない孤独を抱え、すがりつくように将棋に向かう日々を送っていました。

3月のライオン 予告編第1弾 神木隆之介
3月のライオン 予告編第1弾 有村架純
3月のライオン 予告編第1弾 倉科カナ
3月のライオン 予告編第1弾 染谷将太

 川本家の3姉妹(倉科カナさん、清原果耶さん、新津ちせさん)や、ライバル棋士の二海堂晴信(染谷将太さん)との出会いによって自分の居場所を見いだす零ですが、義理の姉・香子(有村架純さん)に存在を否定するような言葉を投げつけられてしまいます。夜空の下で零が発した「将棋しかねーんだよ! 強くなるしか……」という魂の叫びには、見ているこちらの心を締め付けるような力強さと儚さが混在しているように思えます。

3月のライオン 予告編第1弾 佐々木蔵之介
3月のライオン 予告編第1弾 加瀬亮
3月のライオン 予告編第1弾 伊藤英明

 零を導くプロ棋士・島田(佐々木蔵之介さん)との出会いや、香子と微妙な関係を続ける棋士・後藤(伊藤英明さん)との対決、そして“神様の子供”宗谷冬司(加瀬亮さん)の存在。全てを賭けてトップを目指す零はもちろんのこと、さまざまな人生を背負った人々の姿も垣間見ることのできる予告編です。

 実写映画「3月のライオン」は前編が2017年3月18日から、後編が4月22日から全国公開予定です。

3月のライオン ティーザーポスター 「3月のライオン」

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう