ニュース
» 2016年12月15日 07時30分 UPDATE

小さく運んでゆったり入力 折りたためるBluetoothキーボードが便利そう

フリック入力が苦手な人にも。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 スマホやタブレットで長文を入力する時に、「キーボードがあれば楽だけど、かさばるのはイヤだし……」と思ったことはありませんか? そんなお悩みを解決してくれそうな折りたたみ式のキーボード「Wekey(ウィキー)」が、クラウドファンディングサイト・Makuakeで人気を集めています。

Wekey 折りたたみ式キーボード「Wekey(ウィキー)」

 Wekeyはスマホ感覚でコンパクトに持ち歩いてゆったりと入力できるキーボード。折りたたんだときのサイズは176ミリ×86ミリ×6ミリで、重さは95グラム。カラーは白と黒があります。

Wekey 折りたたんだ時はスマホと同じくらいのサイズです
Wekey 持ち運びも楽々
Wekey 本体は白と黒の2色

 広げると一般的なノートPCのキーボードとほぼ同じ260ミリ×86ミリになり、キーボードが小さすぎて打ちにくいということも少なそう。キーの並びはおなじみの“QWERTY配列”です。

Wekey ノートPCのキーボードと同じくらいのサイズです
Wekey サッと広げて使えます

 Wekeyは、Bluetoothを使用するデバイスならOSを選ばず接続可能。Li-Polymer(リチウムポリマー)バッテリー内蔵で、micro USBで充電できます。

 本体にユーザーズマニュアル(前面日本語、裏面英語)と充電用ケーブルがセットになり、販売予定価格は7980円(税込)。開発・生産は韓国です。

Wekey 接続も簡単
Wekey 充電はmicro USBを使います
Wekey 日本語のマニュアルと充電用ケーブルが付属

 支援は5980円〜5万5860円まで6段階が用意されています。詳細の確認や申込は同プロジェクトのサイトから。

(画像はクラウドファンディングサイトMakuakeより)



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう