ニュース
» 2016年12月15日 16時00分 UPDATE

浮く「ミレニアム・ファルコン」を自作した猛者が登場 磁気浮上装置を組み込みフワフワ回る

ロマンしかない。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「スター・ウォーズ」に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」のプラモデルを磁気浮上装置を駆使してテークオフさせてしまった猛者が現れました。ほんとに浮いてる!

浮く「ミレニアム・ファルコン」を自作した猛者が登場 SUGEEEEEE!!!

 制作したのはプロモデラーのハナキマサトシさん。プラモデル内部に強力な磁石を仕込み、土台の磁気浮上装置との反発で浮遊させることに成功しました。また、本体には無線給電装置も組み込まれており、「台座に近づけると機体のエンジンが光る」というギミックも搭載しています。

浮く「ミレニアム・ファルコン」を自作した猛者が登場 内部に磁石を設置

 制作された1/72サイズのプラモデルは、通常市販されている磁気浮上装置では飛ばすのが困難でした。そこでハナキさんは磁気浮上装置メーカーCrealevの日本代理店・ワイアードゲートに協力を依頼し、高性能な磁気浮上装置を提供してもらうことに成功。2カ月間の制作期間を経て、無事完成しました。ファルコン号を絶対飛ばしてやるという執念を感じます。

 ハナキさんによると、浮遊させるに当たって特に難しかったのは機体のバランス調整だったそうです。少しでもバランスが崩れるとうまく回転しないため、内部の重りを微調整しながら機体が水平になるよう仕上げていったとのこと。また、無線給電装置は原理がIHと同じなため、そのままだと本体内部の金属部分を加熱してしまい、オーバーヒートしてしまいます。これを回避するため、ヒートシンクを貼ったり、コイル径を変えるなどの調整も重ねていきました。

 実はハナキさんは2015年末にも、一回り小さい1/144サイズのミレニアム・ファルコンを作っていました。しかしその際は15ミリ程度しか浮かばず、よく見ないと飛んでいることが分かりませんでした。「どうせリベンジするなら一回り大きな1/72サイズで」というのが今回全力投球する動機となったようです。

 なお浮遊するミレニアム・ファルコンは現在、世田谷区にある二子玉川蔦屋家電の2階「スター・ウォーズ展示ブース」で展示中。12月17日までの展示予定となっています。

浮く「ミレニアム・ファルコン」を自作した猛者が登場 どの角度から見ても格好良い

画像提供:ハナキマサトシ(@HanakiMasatoshi)さん

関連キーワード

プラモデル | スター・ウォーズ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー