ニュース
» 2016年12月16日 08時00分 UPDATE

「Microsoft Edge」でFlashが“デフォルトでブロック”へ 2017年のアップデートで

ユーザーがFlashをロードして実行するかどうか選択できます。

[ねとらぼ]

 マイクロソフトは、ブラウザ「Microsoft Edge」のアップデートで、Flashをデフォルトでブロックすることを明らかにしました

 この変更は2017年のWindows 10 Creator's Updateで提供される予定。今年リリースされたWindows 10 Anniversary Editionでは既に、広告など一部のFlashコンテンツを自動的に一時停止しており、Flash排除をさらに進めた形となります。

デフォルトでブロック、実行するか選択するようになる

 HTML5をサポートするWebサイトではHTML5がデフォルトになり、Flashはロードされません。それによりパフォーマンスやバッテリー駆動時間、セキュリティが向上するとマイクロソフトは述べています。Flashに依存しているWebサイトは、ユーザーがFlashをロードして実行するかどうか選択でき、そのWebサイトで「一度だけ実行する」か「常に実行する」かを選べます。

 とはいえアップデートと同時に全てのWebサイトでFlashがブロックされるわけではなく、マイクロソフトは「多くのWebサイトでFlashが欠かせない一部になっている」ことから、Flashに依存している人気サイトははじめは例外にするとしています。Microsoft EdgeでのFlash使用状況を見ながら、例外となるサイトを減らしていく計画です。

マイクロソフトの発表

 FirefoxやGoogle Chromeでも同様にFlashをブロックする動きが進んでいます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう