ニュース
» 2016年12月16日 11時52分 UPDATE

今度は「しょうがトングで牛丼混ぜ男」がネットで炎上 すき家「撮影者を特定し、警察に通報・相談しています」

ネット上では「不衛生だ」など批判が殺到していました。

[ねとらぼ]

 すき家で紅しょうが用のトングを使って牛丼を混ぜ、その様子を生配信していたTwitterユーザーが炎上し、ネットで話題になっています。すき家によれば、既に警察には相談しており、現在は警察側の判断を待っている状況とのこと。


牛丼混ぜ男 トングで牛丼を混ぜている、と指摘されている部分

 問題の配信が行われたのは12月10日。配信では男性が紅しょうが用のトングを使って牛丼をかき混ぜたり、トングを食べかけの器に入れたまま牛丼を食べたりしている様子が写っていました。また完食後には男性が容器を頭に乗せているような様子も写っており、ネットではこれに対し「不衛生だ」などの批判が相次ぎ炎上。これを受けてすき家も13日、公式サイトで「すでに撮影者を特定し、現在警察に通報・相談しております」「お客様にはご心配・ご迷惑をおかけすることを、深くお詫び申し上げます」との謝罪・お知らせを掲載しています


牛丼混ぜ男 使ったトングを容器のふちに置き、そのまま食べ続ける男性

牛丼混ぜ男 食べている間もトングはふちに置かれたまま

牛丼混ぜ男 男性が食べているのは、メガ牛丼よりもさらに大きい、裏メニューの「キング牛丼」のようです

牛丼混ぜ男 完食後は容器を頭に乗せるような動作も

 すき家の広報担当者に問い合わせたところ、同社側が動画について把握したのは11日時点で、他の客からのメール通報で発覚したとのこと。動画の内容について感想を聞くと、「不衛生な対応だと思いました。こちらの被害というより、お客様が不快に思われていることについて遺憾に思います」とコメントしました。



 男性はその後Twitterで、今回の配信について「ご迷惑をおかけした方々には心よりお詫び申し上げると共に襟を正し今後の対応をしていこうと思います」と謝罪。配信内容については、「制限時間30分の早食いでキング牛丼(裏メニュー)を完食する」という企画だったと説明しました。ただ、トングを容器に乗せていたことについては認めているものの、トングで牛丼をかき混ぜたとの指摘については、あくまで「混ぜたように見えただけ」と説明。また、容器を頭に乗せたように見えたのも「乗せたふり」であったと否定しています。


※画像は男性が配信していた動画より/画像加工は編集部によるもの

関連キーワード

牛丼 | 動画 | 謝罪 | 炎上 | 批判 | ライブ中継


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう