ニュース
» 2016年12月16日 19時11分 UPDATE

ASKAの車内映像流出はフジテレビが求めたもの……東京交通新聞報じる 送迎などで9時間半、フジテレビは“正当な取材活動の範囲内”

他のテレビ局に流出した詳細な経緯は語られていません。

[イッコウ,ねとらぼ]

 逮捕前のASKAさんが乗ったタクシーの車内映像が流出した問題で、12月12日付けの東京交通新聞が「ASKA容疑者ドラレコ映像流出 『責任負う』フジTV求める」と見出しを付けた記事が掲載され、議論を呼んでいる。



 記事によると、該当のタクシー会社は11月28日に再逮捕前のASKAさんを自宅まで運んだ後、フジテレビが当該車両の配車を予約し取材が始まった。その後、フジテレビは9時間半にわたって利用を続け、翌29日の午前5時40分ごろフジ報道局の記者がドライブレコーダーの映像提供を求めた。フジテレビは「社会的に必要な情報は配信しなければならない。責任は負う」などと依頼。その後タクシー会社の役員らが協議を行い、ASKAさんの逮捕歴や拒否すれば乗務員にさらなる負荷がかかることを考慮し、提供に至った。当時、乗務員は長時間の拘束でやつれ、「もう関わりたくない」と話していたという。なお、複数のテレビ局へ映像提供が行われた詳細な経緯は明らかになっていない。

 この記事について、フジテレビに対し「『嫌がらせを続けて映像を提供させたのか』とするネットの声があるがそういった認識はあったか」「『責任は負う』との発言は事実か。また社内で何らかの処分はあったのか」「謝罪を行うことはあるのか」を問い合わせたところ、「取材の詳細についてはお答えしておりませんが、正当な取材活動の範囲内で、ご指摘の映像を入手しております。執行猶予中の容疑者の逮捕直前の映像であり、公共性・公益性があると判断し放送いたしました」と回答した。また、当該タクシー会社に取材を申し込んだものの、「取材の申込みは多数受けているが、全て断っており、回答できない」として、回答は得られなかった。


ASKA フジテレビ フジテレビの回答

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー