ニュース
» 2016年12月20日 18時14分 UPDATE

東京のタクシー運賃、初乗り380〜410円へ引き下げ ただし長距離を乗る場合は値上げに

新運賃は2017年1月30日から。全面的な引き下げではない点に注意。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 国土交通省が、東京におけるタクシー初乗り運賃の引き下げを発表しました。23区内・三鷹市・武蔵野市を対象に、2017年1月30日から380〜410円と、現行の700〜730円から大幅の減少。ただし全面的な引き下げではなく、場合によっては運賃が高くなります。


新運賃 現行運賃と新運賃の比較。一見大幅値下げのようだが、初乗り運賃で乗れる距離が短くなっていることに注意

 新運賃は、短距離で利用するぶんには現行より安くなるのですが、中距離を乗る場合はあまり変わりません。現行では初乗り料金内で乗れる距離は2キロであるのに対し、新運賃では1.052キロと短くなっていることに注目。初乗り410円でスタートしても、2キロ乗った場合は加算運賃がかかり、現行と同じ730円になります。また、約6.5キロを越える長距離ではむしろ値上げに。


比較例 現行運賃と新運賃の比較例。約2〜6.5キロの範囲では値下げになる部分と値上げになる部分があり、約6.5キロ以上では値上げとなる

 今回の見直しは、初乗り料金引き下げによる短距離利用者からの収入減を、中長距離利用者の運賃引き上げでカバーするよう組み替えたもの。同省はこれに加え、接客マナーなど事業者へサービスの向上を求め、短距離でも利用しやすいタクシーを目指すとしています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう