ニュース
» 2016年12月21日 15時09分 UPDATE

島本和彦先生、夏コミの「アンノ対ホノオ」の真実を描く続編を冬コミで刊行へ

ま、間に合うのか……?

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 島本和彦先生が夏コミで刊行した同人誌「アンノ対ホノオ」(関連記事)の続編を、冬コミで頒布することをTwitterで明らかにしました。



 「アンノ対ホノオ」は、島本先生が「シン・ゴジラ」から受けた衝撃をつづった作品。島本先生の漫画「アオイホノオ」の主人公・ホノオとトンコが「シン・ゴジラ」のどこがすごいか、なぜ面白いのか、そして庵野秀明監督の恐ろしさを語っています。

ウラシマモト冬コミ 夏コミに刊行された「アンノ対ホノオ」はこちら(編集部撮影)

 続編では「夏にあったあの顛末が一体どのような真実だったのか」を丁寧に描くとのことですが、描いている本人ですら「あまりにも島本先生が翻弄されていて描いてて胸が痛いです(笑)」とツイートするほど。


ウラシマモト冬コミ ホノオくんが主人公の「アオイホノオ」もおすすめです(Amazon.co.jpより)


 しかも島本先生、14日の時点で「2冊描くつもりだから」と宣言しており、ほかにも同人誌を出すようです。アンノ×ホノオの続編のネームを描いているのが19日……〆切が心配ですが、その結末は12月31日のコミケ3日目に判明することでしょう。


(今藤祐馬)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー