ニュース
» 2016年12月21日 18時00分 UPDATE

映画「この世界の片隅に」幻の30分拡張版が製作決定か プロデューサーが“さりげなく”ツイート

興行収入10億円突破したら作ると明言していました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 映画「この世界の片隅に」の真木太郎プロデューサーが「拡張版やりますよ」とツイートし、ファンから喜びの声が上がっています。資金不足により監督が泣く泣くカットした幻の30分がついに映像化されるのでしょうか。


 口コミにより異例のヒットとなっている映画「この世界の片隅に」。当初4億円の製作費を見込んだ画コンテが完成していましたが、資金不足により、片渕須直監督が30分ぶんの内容を削ることを決断。現在の約120分版の映画を2億5000万円で完成させました。

「この世界の片隅に」の30分拡張版が製作決定か 当初63館でスタートした上映も年明けには100館を超え、最終的には190館(累計)を予定

 結果的に濃密な内容は評判となり、原作ファンからも高い評価を得た同作。しかし片淵監督としては“幻の150分版”を実現したい思いを捨てきれていないようで、真木プロデューサーも「(興行収入が10億を超えたら)プロデューサーとしては監督の願いをかなえてあげたいなと思います」と発言し、注目を集めていました。

「この世界の片隅に」の30分拡張版が製作決定か 岡田斗司夫さんの「10億超えたら、30分足して完全版やろうと思います?」という質問に「監督にその気があればかなえてあげたい」と発言する真木プロデューサー(画像は「岡田斗司夫ゼミ12月4日号」より

 現在、観客動員数は52万人を突破。興行収入も累計7億円を超え、6週目の興行収入は初週の倍額以上にあたる約1億1000万円となっています。「10億円」という数字もいよいよ現実味を帯びてきました。真木プロデューサーは「すでに製作費のリクープめどは立っている」とも語っており、これが10億円突破を待たずしての「拡張版製作決定」ツイートにつながったと推測できます。今後の正式発表に期待です。

「この世界の片隅に」の30分拡張版が製作決定か 【グラフ】興行収入は「ガルパン」とデッドヒートな推移 グラフ提供:GiGi(@gigir)さん


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう