ニュース
» 2016年12月23日 20時00分 UPDATE

ポケットに入れたバッテリーが爆発する事故 激しく火花が散る様子が公開される

原因は鍵や小銭とのショート。金属と一緒に保管しないようにしましょう。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 イギリスのある店で、男性のポケットに入った電子タバコの予備バッテリーが突然爆発する様子がカメラに収められていました。誤った保管方法が原因だったと、地元ウェストヨークシャー救急消防署が注意喚起しています。



 カメラの映像には、買い物中の男性のポケットに入った電子タバコの予備バッテリーが突然爆発する様子が収められています。ポケットの中でバッテリーが激しく火花をちらし、男性は軽いけがをしました。


買い物中の男性 買い物中の男性

 ウェストヨークシャー救急消防署は、この事故をうけてWebサイト上で、爆発の原因はポケットの中でバッテリーが鍵や小銭などの金属に触れてしまいショートしたことだと指摘し、バッテリーの保管方法について注意喚起をしています。


突然爆発 突然の爆発!

 火災調査員のジェイミー・リスターさんは、この映像は鍵、小銭、金属ケースを付けた携帯電話などの金属をバッテリーと一緒に保管することの危険性をよく表したものであるとしています。バッテリーに不具合があったわけではなく、問題はバッテリーの扱い方にありました。またリチウムイオンバッテリーがポケットの中で爆発した例はこれが初めてではなく、簡単に防げるものだということを知ってほしいとも話しています。知らないと何気なくバッテリーを鍵と一緒にポケットに入れてしまいそうですが、こんな危険があったとは……。


激しく発火 激しく発火

 安全に使用する方法として、バッテリーの末端部分が金属に触れないようなプラスチックケースに入れること、損傷したバッテリーを使わないことを呼びかけています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう