ニュース
» 2016年12月23日 21時00分 UPDATE

路上をさまようケガだらけの犬が保護され、幸せいっぱいになるまでの動画がほっこり

保護されたときは満身創痍(そうい)。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 路上をさまよっていたケガだらけの犬「ジュリア」が動物保護団体に保護され、幸せいっぱいに変化していく様子がYouTubeに投稿されています。



 動画は、ロサンゼルスの道を狼が歩いていると動物保護団体のHope For Pawsに報告があったことから始まります。報告を受けてリサ・チアレリさんが保護に向かったところ、元気なくさまようジュリアを発見。このときの様子を見る限り、どうやら狼ではなく、狼の混血ではないかと思われていました。


路上をさまよっていたジュリア 路上をさまよっていたジュリア

 ジュリアの首に巻かれていた首輪は汚れていたため新しいものに交換し、保護されることに。車に向かって一緒に歩いてみると、ジュリアは体中に痛みがあるような様子でした。


首輪を交換し保護 首輪を交換し保護

 保護されたときのジュリアは、複数の細菌感染症に感染しているだけでなく栄養失調と、とてもつらそうな状態。そのため施設では体の傷を癒やすため特別な入浴をしてもらい、エサもしっかり食べさせてもらいました。


体中の傷をケア 体中の傷をケア

 施設でゆっくり休むうちに傷が癒えていき、数週間後には新しい飼い主のもとへ移動することになったジュリア。そこで飼い主にじゃれたり、モップで遊んでみたりと幸せいっぱいに遊ぶ様子が見られるように。ほんとによかったね……。


幸せそうにじゃれるようになりました 幸せそうにじゃれるようになりました

 なおFlickrにはジュリアのDNA鑑定書が投稿されており、ジャーマン・シェパード・ドッグとシベリアン・ハスキーの混血を親に持つのではないかという結果が出ています。確かに最初は汚れていたためか狼のようでしたが、今はさっぱりとシベリアン・ハスキーのような姿になっています。


モップ遊びも楽しそう モップ遊びも楽しそう

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー