ニュース
» 2016年12月24日 11時00分 UPDATE

「アニメーションの体になっていっています」 完成が危ぶまれる年末放送アニメ「6HP」、監督が現状を報告

納品日は12月25日。放送は12月30日。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 村上隆総監督が「(本編映像が)全くできていません」とSNSに書き込んだことで話題を呼んでいる魔法少女アニメ「シックスハートプリンセス(以下、6HP)」。納品日まで3日を切った12月23日、村上さんが制作状況を再報告するとともに、あらためてスタッフへの謝罪の言葉をつづりました。

完成が危ぶまれる年末放送アニメ「6HP」、監督が現状を報告 画像は2013年に公開された作品PVより

 「6HP」の制作は、25日の納品日に向けてラストスパート中。村上さんは、「原画、動画、色つけ、背景、等が撮影スタジオに次々に納品され続けていて、アニメーションの体になっていっています」と、完成度が着実に増していることを報告。ただし、カットごとに小道具の大きさが全く違ったり、作中時間の経過が背景の空の色に反映されていなかったりと、細部まで手が回っていない状況であるともしています。

完成が危ぶまれる年末放送アニメ「6HP」、監督が現状を報告 村上隆総監督の謝罪映像を編集中のスタジオ(画像は村上隆さんのInstagramより

 元来、現代美術家として知られる村上さんは、「僕にとってはアニメ制作もあくまでも芸術作品制作の一環ではありますが」と前置きしつつ、「こんな惨状になってしまうとは、ココ数日の結果をみるまでは予想できませんでした。。。」と説明。あらためて参加スタッフに対して謝罪しました。また、番組後半で放送予定の「謝罪ドキュメンタリー」パートについて、反省が視聴者に伝わりきらないのではないかと、不安が拭いきれない現在の心境を吐露しています。

 そもそも「6HP」は、村上さんがゼロから立ち上げたアニメスタジオ「PONCOTAN」で6年間に渡り制作が続けられてきたプロジェクト。ノウハウの無さによる制作現場の混乱が伝わってきていますが、作品に対する熱い思いは本物のはず。同作はTOKYO MXで、12月30日19時より放送予定です。作品の行く末を見守りましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー