ニュース
» 2016年12月25日 11時00分 UPDATE

何もないときに香りでご飯食べるやつ 全て紙でできた焼き鳥がどう見ても飯テロ

いつでもそこに焼き鳥があるという喜び。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 来年の干支は「とり」、宴会シーズンも近づいてきた……ということで、お皿も串もすべて紙でできた焼き鳥を作った料理人が現れました。香り付けや脂のツヤまで表現したらしく、ちょっと見たくらいでは本物と見分けがつかないレベル。タイトルも「お肉は紙だが香り立つ」とブームに乗っかる気まんまんです。



お肉は紙だが香り立つ 触っても熱くない! だって紙だもの

お肉は紙だが香り立つ 材料は香り付けを含めてこれだけ

 ただのペーパークラフトと侮るなかれ、紙には焼き鳥のタレやこしょうを使った液体を染みこませ、皿にはいかにも焼き鳥が乗っているっぽい油やタレの光沢をつけてリアルさを追求しています。さらに紙の中には針金と磁石を仕込み、ひっくり返しても落ちたりしません。


お肉は紙だが香り立つお肉は紙だが香り立つ 香り付けは実際にタレを使って、紙に染みこませます

お肉は紙だが香り立つ 紙はしわをつけたり丸めたりして食材っぽくした後にバーナーで炙る

お肉は紙だが香り立つ 脂のりを表現したら完成。ね、簡単でしょ?

 香り付けだけでは終わらず、できた焼き鳥をバーナーであぶってコゲ目をつけ、皿にも使った光沢剤を塗って完璧なタレ焼き鳥が完成しました。いやいや、これをやるくらいなら実物を作った方が早いじゃないか! ……ではなく、そこにいつでも焼き鳥があるからいいんです。少なくともこれはきっと、発想の勝利。


(今藤祐馬)


関連キーワード

工作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー