ニュース
» 2016年12月25日 13時54分 UPDATE

叶姉妹の軍資金“札束と棒金”にコミケ運営が反応 「ちょっとビックリしました」

すごい時代になったもんだ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 「コミックマーケット91」に参加することを表明し、先日は莫大な軍資金をブログで公開して話題となった叶姉妹の2人(関連記事)。これを受けてコミックマーケット準備会が12月24日、「帯付きの札束と棒金には、ちょっとビックリしましたー」とTwitterで反応を示しました。叶姉妹と運営が交わったぞ……!

叶姉妹 コミケ 札束と棒金で用意された軍資金(画像は叶姉妹のブログから)

 ついにコミケ運営の元にも届いた叶砲。“札束と棒金”という前代未聞の軍資金は、コミケの長い歴史の中でも大きな衝撃だったようです。そして運営が叶姉妹の2人を捕捉したように、叶姉妹もまた私たちのことをしっかりと見ているもよう。

 23日に、カタログが手元に届いたことをブログで報告した妹の美香さん。カタログの重さに驚いた恭子さんが「おひざにおいて一緒に見ましょうね」と語ったことをつづると、Twitterでは「カタログそこ代われ」「カタログになりたい」という主旨のツイートが多く投稿されました。

叶姉妹 コミケ 叶姉妹になでられる幸福なカタログ(画像は叶姉妹のブログから)

 この“俺たちの妄想”は、即日2人の耳に届いてしまったようで、同日更新されたブログでは、恭子さんが「わたくし達のお膝の上でカタログになってナデナデされたいです、というツイートの方がたくさんいらっしゃるようだけれど…」「やさしく…やさし〜く…ナデナデとクシュクシュしてさしあげたい気持ちでいっぱいなのですよ」と語ったという胸熱なエピソードが披露されていました。2016年は、オタクとセレブの異文化交流が盛り上がった歴史的な年になりましたね。

関連キーワード

カタログ | コミケ | ブログ | 同人誌 | セレブ | 文化 | オタク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<前編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー