ニュース
» 2016年12月25日 14時28分 UPDATE

Webブラウザ「Firefox」が2017年9月でWindows XP・Vistaのサポート終了へ 2017年3月からは「延長サポート版」に自動移行

これも時代か……。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 公益法人Mozilla Foundationが、Webブラウザ「Firefox」のWindows XP版・Vista版のサポートについて発表しました。これによると2017年3月からは延長サポート(ESR)版に移行すると発表しており、また同年9月まではセキュリティ更新プログラムを提供しつづける予定とのこと。


Firefox これにより、Windows XP・VistaをサポートするWebブラウザは事実上消滅することに

 主要Webブラウザの中では現状、Windows XP・Vistaを唯一サポートしている「Firefox」でしたが、Microsoft自身がVistaのサポートを2017年で終了することにより、これらのバージョン向けにFirefoxを保守することが困難と判断。それにより同年9月でサポートを終了すると公式リリースで言及しています。また、同年3月から移行予定の延長サポート(ESR)版には新機能が含まれず、あくまでもセキュリティの更新のみの提供となるとのこと。


Firefox 来年3月からはこのように延長サポート(ESR)版へ移行します

 なお、サポート終了日に関してはあくまで予定。2017年中ごろにWindows XPおよびVistaのユーザー数を見て最終サポート終了日を決定するとしつつ、「Firefoxを使用している企業はWindows XP・Vistaのサポート終了日として2017年9月を考慮しておいてほしい」ともアナウンスしています


(大里ミチル)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう