ニュース
» 2016年12月26日 22時18分 UPDATE

名作アドベンチャーゲーム「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」アニメ化が決定!

美少女ゲームメーカー「エルフ」の代表作で、20周年を記念してさまざまなリメイク企画が進行中でした。

[ねとらぼ]

 美少女ゲームメーカー「エルフ」の人気作「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」がアニメ化されることが分かりました。同作品のリメイク企画を手掛けてきた、MAGES.会長・志倉千代丸氏がTwitterで「【世界最速ポロリ】伝説の神ゲー『YU-NO』アニメ化しますヽ(*゚д゚)ノ」と報告しています。



 原作は1996年発売のPC用SFアドベンチャーゲームで、企画・脚本・ゲームデザインを故・菅野ひろゆき氏が担当。無数に存在する並列世界を渡り歩きながら、隠された謎を解き明かしていく独特のシステムが特徴で、ファンからは「菅野ひろゆき氏の最高傑作」「SFアドベンチャーゲームの金字塔」とも言われていました。



YU-NOアニメ化決定 ティーザー動画より

 2016年は同作発売からちょうど20年目にあたり、20周年を記念したリメイクプロジェクトが多数進行中。これまでにPS4・PS Vitaでのリメイクや、コミッククリアでのコミカライズなどが発表されていましたが、新たにアニメでも同時展開される形となります。



 アニメ版サイトも既にオープンしており、「アニメプロジェクト始動!」と銘打ったティーザー動画も公開中。アニメ制作にはMAGESのほか、GENCO(代表作「この世界の片隅に」など)およびfeel.(代表作「だがしかし」「おしえて! ギャル子ちゃん」など)の2社も参加することが明かされています。その他の詳細については今のところ不明。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう