ニュース
» 2016年12月27日 18時48分 UPDATE

将棋棋士の三浦九段が将棋連盟に不満の意 「休場の申し出はしていない」「元の状態に戻してほしい」

“出場停止処分を妥当”としたことには「将棋連盟に寄り添ったものであり、極めて不当」とコメント。

[ねとらぼ]

 将棋棋士の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いがあると指摘されていた問題(関連記事)で、12月27日に記者会見を実施。「竜王戦七番勝負に出場できなかったことが本当に残念」と語った。

画像

 同問題については、26日に第三者調査委員会が「不正行為に及んでいたと認めるに足る証拠はない」とする判断を発表。代理人を務めた横張弁護士は、その点については事実と相違なく、評価しているとしたものの、“出場停止処分を妥当”としたことには「将棋連盟に寄り添ったものであり、極めて不当」とコメントした。

 また直接の処分理由となった“休場届の不提出”については、三浦九段から「竜王戦の辞退及び休場の申し出を行ったことはない」と説明。実際には連盟理事から「竜王戦は開催されなくなった。それを承知してくれるか」と言われ、三浦九段と渡辺明竜王はともに同意したこと。理事はその上で連盟にとって大変な損害であるとして三浦九段に「休場届を出していただきます。それでいいですね」と迫り、三浦九段はその場では了承。しかしその後、不正をしていないのに休場届を提出すると不正を認めたとも捉えられかねないと思い提出を拒んだが、結局三浦九段には出場停止処分が下され、開催されないはずの竜王戦は挑戦者を変更して開催される形となったのだという。

 将棋連盟側が確たる証拠がなく出場停止処分を下したことについて、三浦九段は「不審な点がなかったのなら、なぜ竜王戦に出場させなかったのか」「(竜王戦の)やり直しは難しいかもしれないが、元の状態に戻せるものなら戻してほしい」とコメントした。

主な質疑応答

――渡辺竜王についてはどう思っているか

三浦九段:思うところはあります。疑われていたのかと……そんな風に思われていたのかと……。(不正の有無については)対局をすれば分かると思うんですけれども……残念です。

――将棋への思いについて

三浦九段:2カ月半に渡り、将棋から離れていましたが1日も早く勉強を再開して結果を出さなければならないと思っています。言い訳してはいけない職業なのでできるだけ盤駒に触れて頑張ります。

――三浦九段の損失や名誉について

横張弁護士:金銭的なものや名誉的な部分、そして謝罪などを求めることができると思います。ただ具体的な話はまだしていません。個人に対する名誉棄損などについては協議中です。また三浦九段は早期復帰を望んでいますが、現状は連盟の判断を待ちたい考えです。

――離席中は何をしていたのか

三浦九段:私だけではありませんが、横になったり手洗いに行ったりです。昼食も出前で摂っていましたし、外出はしていませんでした。

――2カ月半の間にどう過ごしていたのか

三浦九段:個人のことだったら耐えられましたが、家族が参ってしまっていました。なんでこんな仕打ちを受けなければならないのかと……。家族に迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちです。推測でいろいろといわれてしまうので。

――報告については

三浦九段:全くやっていないから自信はありましたし、白が出てくるのは当然です。

――地元・群馬の皆さんへ

三浦九段:悔しい思いをさせていただろうなと思うので、申し訳なく感じています。(応援してくれる人たちのためにも)とにかく頑張るしかないです。

配布資料

画像

画像

画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー