ニュース
» 2016年12月27日 17時22分 UPDATE

おじさんも忘れかけてたやつだ! 40年前のアニメ「UFO戦士ダイアポロン」特設サイトが突如出現

ジャイアントサイズのダイアポロン人形などの情報も。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 往年のロボットアニメ「UFO戦士ダイアポロン」の放送40周年を記念する特設サイトが突如、開設されました。キリのいい年とはいえ、なぜこのタイミングに?

「UFO戦士ダイアポロン」40周年記念サイトが開設 まさかのダイアポロン記念サイト出現(公式サイトから)

 同作は1976年にTBS系で放送された作品。当時ちょっとしたブームになっていたアメリカンフットボール選手の姿をした巨大ロボが、宇宙からの侵略者・ダザーン総統を倒すべく戦うストーリーです。主人公がロボットに変身するという斬新な設定で、子どもたちの間で高い人気を誇ったものの、諸般の事情から放送は半年でいったん終了。間を置かずに放送局を東京12チャンネル(現・テレビ東京)に移して「UFO戦士ダイアポロンII アクションシリーズ」のタイトルでさらに5カ月間継続するという奇妙な経緯をたどった作品でした。

 原作は「美味しんぼ」で知られる雁屋哲さん。アニメ制作は「サザエさん」と同じエイケンが手掛けていました。

主人公・タケシはアメフト選手 少年アメフトチームが侵略者に立ち向かう(公式サイトから)

 開設されたサイトでは、昔なつかしいブルマァクブランドのダイアポロン・フィギュアなど発売予定(受付終了しているものも)の商品情報が公開されており、今後ラインアップは追加される予定とのこと。また「Coming soon」の項目が3つあり、さらなる展開をほのめかしています。同作はDVD化も実現しておらず、ひょっとしたらまた動くダイアポロンが見られるのか、期待が膨らみます。

発売予定のGダイアポロンは全長30センチのジャイアントサイズ Gダイアポロンは全長30センチのジャイアントサイズで登場(公式サイトから)

ADAKEN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!