ニュース
» 2016年12月27日 18時47分 UPDATE

京都のゲーセンでアーケード版アイドルマスターが稼働終了 ファンに支えられた11年、スタッフに話を聞いた

稼働終了を惜しむ声多数。

[イッコウ,ねとらぼ]

 永らくのご愛顧、まことにありがとうございました――。京都府のゲームセンター「a-cho(アチョー)」のスタッフがTwitterで呟いたアーケード版「アイドルマスター」稼働終了のお知らせに注目が集まっています。2005年に始まり、メーカーサポートが終了しながらも11年以上もの間稼働し続けたa-choのアイドルマスター、その背景をa-choスタッフに聞いてみました。



 アイドル育成ゲームの先駆けとして登場した、アーケード版アイドルマスター。アイドルマスターシリーズは2005年のアーケード版稼働開始後、現在に至るまで家庭用ゲーム、スマートフォン向けアプリなどさまざまな形でリリースされています。a-choではオンライン上のサービスやメーカーサポートが終了してからもオフラインで稼働を続けていたそうで、a-choスタッフは「熱心なファンが多く、色んな人にプレイしてもらえていた」と語っています。



 今回の稼働終了は、ゲームのプレイに必要となるカードが切れてしまったことが理由。アイドルマスターのメーカーサポートは二年程前に終了しており、メーカーからのカード供給も停止。カード不足による稼働終了は2015年にも問題となっており、a-choのスタッフは「2015年の夏に、個人がかき集めた約200枚のカードを提供してもらった。(その時は)もう無理だと思っていた。随分愛されているゲームだなと思った」と振り返っています。

 a-choスタッフのツイートは、4000RTを超え広く拡散。このツイートには「長い間お疲れさまでした!」「今日まで、本当にありがとうございました」など、稼働終了を惜しむ声が寄せられています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー