ニュース
» 2016年12月30日 13時00分 UPDATE

マイナス35度の中凍って動けなくなったネコ、お湯をかけられて救助される

今は元気に暮らしているようです。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 ロシアのズラトウーストで、マイナス35度の中凍って動けなくなったネコが、お湯をかけてもらって救助されました。



 真冬の中、ズラトウーストに住む夫婦が車の下で両足が凍ってしまっているネコを発見しました。ふたりはネコを助けようと、バケツでお湯をかけて氷を溶かしていきます。お湯をかけていくと、凍った足はしだいに解凍され、ブランケットに包まれて救助されました。


足が凍って動けない 足が凍って動けない

 ロシアのメディアSiberian Timesによれば、発見したセルゲイ・バラノフさんは「夕方暖かい場所を探して車の下にたどり着き、そのまま寝てしまったため朝には足が凍ってしまっていたに違いない」と話したそうです。


お湯で解凍 お湯で解凍

 Siberian Timesによれば、この日の気温はマイナス35度。ネコは救助された後に獣医に治療してもらい、その日のうちに歩けるようになったとのこと。バラノフさんはネコの状態が問題ないことを確認してからSNSで飼い主を募集したところ、同じ街の女性が引き取ることになりました。今は走ったり跳ねたりと元気に暮らしているようです。


無事救助されました 無事救助されました

関連キーワード

| ロシア | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー