ニュース
» 2016年12月30日 21時00分 UPDATE

生き物図鑑の定額読み放題サイト「図鑑.jp」が2017年1月からスタート 絶版・品切れの図鑑も電子書籍化

膨大な図鑑情報がついにデータ化!

[宮原れい,ねとらぼ]

 「山溪ハンディ図鑑」シリーズなどを出版する山と溪谷社は、日本の生き物に関する図鑑読み放題のWebサービスサイト「図鑑.jp」を2017年1月17日から開始します。



 単に電子書籍の閲覧サイトというだけでなく、生き物の名前(和名・科名・学名)から複数の図鑑を横断して検索・閲覧することが可能。図鑑は専門性の高いものを中心に絶版・品切れの図鑑も電子書籍化され、全て読み放題の形で提供されます。

 そのほか、ユーザーの情報交換の場として掲示板を設け、不明点に対する質問や見つけた生き物の報告なども同サイト内で行えます。


図鑑.jp 読み放題 生き物 山と溪谷社 野鳥 植物 複数の定番図鑑で調べてユーザー投稿でも確認・質問ができる

 サービス開始時は「野鳥図鑑」と「植物図鑑」の2つのジャンルからスタート。閲覧のために必要な会員コースは野鳥コースが年間3000円、植物コースが年間5000円で、1アカウントにつき3端末(スマホ・タブレット・PCなど)で利用可能です。また研究機関などで利用する場合、ユーザー数と端末数が増える法人向けも用意されています。


図鑑.jp 読み放題 生き物 山と溪谷社 野鳥 植物 最初は野鳥と植物から

 図鑑のラインアップは同社の山溪ハンディ図鑑シリーズ以外に、全国農村教育協会の「日本帰化植物写真図鑑」や、文一総合出版の「図鑑日本のワシタカ類」や「日本水草図鑑」などが公開。現在まだ調整中ということで、今後追加される図鑑も多そうです。

 掲載図鑑に関しては「図鑑.jp」Facebookアカウントをチェックすると追加情報を知ることができます。

(宮原れい)

関連キーワード

電子書籍 | 絶版 | 書籍化 | 研究機関


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう