ニュース
» 2017年01月04日 12時39分 UPDATE

フィンランド、ベーシックインカムを試験導入 対象者に月額560ユーロを支給

失業者の就職推進と、福祉制度の簡略化によるコストの低減が期待される。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 フィンランドのKela(国民年金局)が、ベーシックインカム(BI)の試験導入開始を発表した。無作為抽出された2000人の対象者に、1月から2018年12月まで、月額560ユーロ(約6万8000円)が給付される。2年間の実験で、BIが雇用の促進に役立つか試す意向だ。


外国紙幣

 同局は12月、2016年11月に臨時解雇以外の理由で補助金や失業手当を支払った25〜58歳から試験対象を抽出。給付金は月頭に支払われ、所得として課税されない。また、BIを受けていても、失業手当など他の社会保障の受給資格は失われない。

 既存の制度下では、失業者が失業手当の失効を恐れて求職をはばかるケースがあるという。しかしBIの支給額は対象者の財務状況にかかわらず一律。一定額の給付を受けながら労働収入を得られるため、失業者の就職を促進する効果が期待される。

 高福祉国家として知られる同国だが、その仕組みは複雑かつ高コスト。BI導入による簡略化で、官僚制度の縮小およびコスト低減も見込まれる。Kelaの研究チームは2018年に規模を拡大することを推奨しているほか、25歳未満の若者を含めるべきとの提案も。今後全国民に適用される可能性もあり、実験結果が注目される。


公式発表 Kelaの公式発表


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう