ニュース
» 2017年01月04日 15時18分 UPDATE

VR空間で歩いた地面の感触まで分かる 世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブが開発

CES 2017で開発中の実機がお披露目。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新興家電メーカーのCerevoが、VRデバイス「Taclim」を開発しました。世界初の、触感センサーを搭載したシューズとグローブ。VR空間の物体や地面を、手足で感じることができます。


Taclim 手だけでなく、足まで対応の入出力デバイス

 左右の手で持つグローブ部と、靴のように装着するシューズ部がセットになったデバイス。物体の触感を再現する「タクタイル・デバイス」をすべてに搭載しています。これにより、砂漠や草原、水辺など地形ごとの地面を踏んだ感触の違いや、アバターがはいている靴の素材まで再現できるとのこと。


センサー パーツの各部に触感を再現するデバイスを搭載

 9軸センサーも搭載されており、装着者の動きをVR空間にフィードバックすることも可能。手を突くなどして操作する体感ゲームの前例は少なくないですが、同製品の場合は足まで含めた全身を使うコンテンツが実現できます。


フィードバック 全身を使ったダンスや格闘ゲームなどが考えられる

 コンテンツの開発環境は、ゲームエンジン「Unity」のプラグインとして提供。触感データは基本的なものがサンプルとして公開されるほか、WAV形式のファイルから独自に作成することもできます。

 発売は2017年秋ごろ、価格は10〜15万円を予定。低コストの「Bluetooth Edition」と、電波が混雑していても安定して通信できる920MHz帯対応の「Sub-giga Edition」の2モデルがラインアップされています。


デモ デモ環境として、PlayStation VR用ソフト「ヘディング工場」をベースに新規開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」が同梱される

 Cerevoは1月5日から開催の「CES 2017」にて、開発中の実機を展示。あわせて、話しかけると自動で変形・点灯するロボット卓上ライト「Lumigent」もお披露目します。


Lumigent 呼びかけると点灯し、設定した位置を照らす。内蔵の8メガピクセルカメラで、タイムラプス撮影やビデオチャットも可能


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう