ニュース
» 2017年01月05日 15時56分 UPDATE

百人一首を5文字で要約したサイトが秀逸 「玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする」→「つらい死ぬ」

「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」→「洗濯日和だ」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 伝統的な歌がるた「小倉百人一首」の短歌をすべて5文字で要約したページが、Twitterで注目を集めています。例えば持統天皇の「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山」は、「洗濯日和だ」に。だいたい合ってる!


要約 柿本人麻呂の「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を 独りかも寝む」は、「孤独な夜長」に。けっこう適切(CC BY-NC 2.1 JP)

 Suto Kentaroさんが運営する個人サイト「ねこいりねこ」内のコンテンツ。公開されたのは2007年のことですが、タレントの牧村朝子さんがツイートで紹介したことから広まりました。


 どれも細かい描写はそぎ落とされ、ミもフタもなくなったと言ってしまえばそれまでですが、要約自体は原意から大きくそれずに、ユーモラスな味わいをかもしています。元来、思いを31文字の制限内で表すのが短歌というものですが、やろうと思えば5文字まで縮められるのですから、日本語って面白い。

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関(蝉丸)

  • 原意:京から出る人も帰る人も、知り合いも他人も、みんなここで別れ出会う。これがその名の通り「逢坂の関」なのだなあ
  • 要約:旅はいいな

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは(在原業平朝臣)

  • 原意:神代の昔にも、こんな不思議なことがあったとは聞いたことがない。(紅葉で)竜田川の水が真っ赤に染まるとは
  • 要約:空前の紅葉

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする(式子内親王)

  • 原意:我が命よ、なくなるならいっそなくなれ。生き続ければ恋心が抑えきれず苦しむことになる
  • 要約:つらい死ぬ

ねこいりねこより抜粋、原意は筆者意訳)


 一連の要約はSuto Kentaroさんがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で制作したもの。非営利目的で利用するぶんには自由なので、要約を読み札にした、新しい百人一首の遊び方もできそうです。


百人一首 要約で身近に感じたら、あらためて触れてみるのもいいかも


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー